侍J小久保監督が中日・岡田に“フル稼働宣言”したワケ

公開日:  更新日:

「正直言って、何でも屋です」

 8日、中日キャンプを視察後、こう話したのは小久保裕紀監督(45)。WBC日本代表メンバー、中日・岡田俊哉(25)のことだ。

「緊急事態の登板でも対応できる投手として、おそらくブルペンに一番長くいる投手になるという役割は(本人に)伝えました」と続けた小久保監督は、「(岡田から)『何でもやります』という力強い言葉ももらったので、何でもやってもらう」と、救援左腕のフル稼働を宣言した。

■権藤コーチも「使い勝手がいい」

 これだけ岡田に頼るワケは、投手陣への不安だ。大谷の欠場とメジャー組の不参加により先発への負担が大きくなり、それをカバーするべき救援陣にも大きなプレッシャーがかかる。

 しかし、“ないものねだり”しても仕方がない。小久保監督はこの日、今大会から導入された代表28人の他に登録できる10人の「投手指定枠」について「ケガ人以外の理由で入れ替えはしないことにした。スタートしたメンバーで勝ち上がって世界一を取りたい」と、現状で選出されている投手陣13人で乗り切ることを明かした。

 ブルペンでは小久保監督と権藤博投手コーチ(78)の前で41球を投じた岡田は「緊張はしなかった。今できることを把握しながらやっていきたい」と飄々と答える一方で、権藤コーチから「使い勝手がいい」と言われると「こき使ってください」と返して相好を崩していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る