• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団は警戒 中日新助っ人ゲレーロから漂う“本物”の匂い

「すでに80%は仕上がっている。これはかなり打ちそうですね」

 ライバル球団のスコアラー陣の目が一層鋭くなった。

 中日キャンプ初日、新助っ人のアレックス・ゲレーロ(30=ドジャース3A)がいきなり魅せた。フリー打撃ではセンター方向中心の打撃で柵越えを連発。この日の北谷は強い追い風が吹いていたとはいえ、バックスクリーン弾を含め41スイング中14発をスタンドに打ち込んだ。

「センターめがけて打った。引っ張りにかかると自分を見失う。バックスピンをかけて叩くようにすれば、ボールは飛んでいく。子どもの頃から力が強かった。ホウキで石ころを打って遊んだときに、近くの家の屋根に飛ばして壊してしまったこともある。メジャー時代(ドジャース)に460フィート(約140メートル)飛ばしたよ」

 サラリとこう言ってのけた大砲助っ人は、3番起用の構想があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る