中日・森監督が訓示 「ファンサービスいくらでもやる」

公開日:  更新日:

「ファンサービスも変えていく。選手もできるだけ協力してやってくれ」

 31日に行われた中日の全体ミーティング。出席した関係者によれば、森監督はこんな訓示をしたという。

「もう一回、我々ドラゴンズは中日新聞があるということを考えてほしい。買ったことあるだろうけど、販売店の人が130円で一軒一軒回って売っている。1億円や何千万円ともらっている選手の給料はそこから出ている。去年はそれを返すことができなかったけど、それでもファンは応援してくれる。負けたチームはそういうことを余計にやっていかないといけない」

 ミーティング終了後、報道陣に囲まれた森監督は、改めてファンサービスについて言及した。

「1人でも多くの人に球場に足を運んでもらえるように、球団もやってくれている。選手だって、お客さんが入った方がいいし、1人でも2人でも、時間があれば、サインをしたりとか何かできるはず。もちろん、サインだけがファンサービスじゃないけど、それで若い女の子が来るのもひとつだし、子どもだって楽しければ親を連れてくる。じいちゃん、ばあちゃんが連れてくるかもしれない。そういうことでお客さんが増えるなら、いくらでもやるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る