京田、遠藤も…中日逆襲のカギはスーパーカートリオ結成

公開日:

「相手が嫌がることをやる」

 森監督が今季の戦いで重視していることだ。そこで大事になってくるのが足技である。

 今キャンプ、野手陣は走塁意識の向上に取り組んでいる。ケース打撃では走者を置いた状況で、犠打やバスター、エンドランを繰り返し練習。23安打18得点で大勝した12日のハンファ戦では、盗塁、エンドランなど失敗覚悟で積極的に次の塁を狙った。森監督は「行動を起こして盗塁でアウト、エンドランでアウト、牽制アウトになるのは今は構わない」と言っている。

 キャンプ中、他球団を陽動するために「走ります」と走者を動かしまくってシーズンでは走らないケースもあるにはある。が、前年最下位に沈んだ中日の弱点は、リーグ最少の得点力(500得点)。森監督は、足のある選手を一定の時間をかけて戦力として機能させたいと考えている。参謀役の森脇内野守備走塁コーチも、「当たり前のことをしっかり根気強くやっていく。相手にとってはいやらしく、味方にとっては優しくありつづけること。勝つ確率を1%上げ、負ける確率を1%少なくすることが大事」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る