京田、遠藤も…中日逆襲のカギはスーパーカートリオ結成

公開日:

「相手が嫌がることをやる」

 森監督が今季の戦いで重視していることだ。そこで大事になってくるのが足技である。

 今キャンプ、野手陣は走塁意識の向上に取り組んでいる。ケース打撃では走者を置いた状況で、犠打やバスター、エンドランを繰り返し練習。23安打18得点で大勝した12日のハンファ戦では、盗塁、エンドランなど失敗覚悟で積極的に次の塁を狙った。森監督は「行動を起こして盗塁でアウト、エンドランでアウト、牽制アウトになるのは今は構わない」と言っている。

 キャンプ中、他球団を陽動するために「走ります」と走者を動かしまくってシーズンでは走らないケースもあるにはある。が、前年最下位に沈んだ中日の弱点は、リーグ最少の得点力(500得点)。森監督は、足のある選手を一定の時間をかけて戦力として機能させたいと考えている。参謀役の森脇内野守備走塁コーチも、「当たり前のことをしっかり根気強くやっていく。相手にとってはいやらしく、味方にとっては優しくありつづけること。勝つ確率を1%上げ、負ける確率を1%少なくすることが大事」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る