日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー開幕に暗雲 練習中に同僚と接触し右足と腰を負傷

 マーリンズ・イチロー(43)が不運なアクシデントに見舞われた。

 フロリダ州ジュピターでのキャンプ5日目(日本時間22日)、外野守備の練習中に招待選手のブランドン・バーンズ選手と衝突し、右足を痛めた。練習メニューに組まれていた打撃練習を回避した。

 ベテラン外野手が負傷したのは皮肉にも外野手同士の飛球処理を確認する練習だった。イチローは中堅の守備に就き、右中間への飛球を追った際に、右翼のバーンズと交錯。バーンズの膝がイチローの右太ももあたりを直撃して、そのまま倒れ込んだ。イチローは捕球姿勢に入る際、声をかけていたが、バーンズが聞き逃したとみられる。

 クラブハウスに引き揚げたイチローはトレーナー室で治療を受けたが、22日以降の練習は「様子見。明日は(通常の練習は)ない」と説明。衝突の衝撃で腰も痛めたようで「ちょっときている。そっちの方が心配」と不安を隠さなかった。

 メジャー移籍後のイチローが故障者リスト(DL)入りしたのはマリナーズ時代の2度だけ。今後の回復次第では、メジャー最年長野手が予期せぬケガで開幕から離脱する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事