引退の宮里藍も 日本スポーツ界に欠けたメンタルへの理解

公開日: 更新日:

「昨年の夏ごろに決意した」

 先週26日に突然、今季限りの現役引退を発表してゴルフファンのみならず世間を驚かせた宮里藍(31)は、1年近く前に答えを出していたのだ。

 ここ4シーズンは勝利から遠ざかり、絶頂期の感覚が戻らなかった。都内で行われたこの日の会見では、「第一線で結果を残すにはエネルギーが必要。(中途半端な気持ちで通じるほど)甘い世界ではない。限界を感じての決断」と言った。

 高校3年の時に女子ツアーで優勝を果たしてプロ転向。翌2004年開幕戦にいきなり優勝すると、ルーキーイヤーは5勝。賞金1億円を突破し、ランク2位につけて藍ちゃんブームを巻き起こした。05年は日本女子オープンを史上最年少で優勝。06年から米ツアーに主戦場を移した。

 転戦や芝の違い、気候に慣れるまでしばらくかかったものの、09年エビアン・マスターズ(メジャー昇格前)で米ツアー初優勝。開幕2連勝を飾った10年は、5勝をマークして日本人初の世界ランクトップに立つなど勢いがあった。樋口久子の全米女子プロ優勝(1977年)に次ぐメジャータイトル獲得が期待されたが、かなっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る