引退の宮里藍も 日本スポーツ界に欠けたメンタルへの理解

公開日:

「昨年の夏ごろに決意した」

 先週26日に突然、今季限りの現役引退を発表してゴルフファンのみならず世間を驚かせた宮里藍(31)は、1年近く前に答えを出していたのだ。

 ここ4シーズンは勝利から遠ざかり、絶頂期の感覚が戻らなかった。都内で行われたこの日の会見では、「第一線で結果を残すにはエネルギーが必要。(中途半端な気持ちで通じるほど)甘い世界ではない。限界を感じての決断」と言った。

 高校3年の時に女子ツアーで優勝を果たしてプロ転向。翌2004年開幕戦にいきなり優勝すると、ルーキーイヤーは5勝。賞金1億円を突破し、ランク2位につけて藍ちゃんブームを巻き起こした。05年は日本女子オープンを史上最年少で優勝。06年から米ツアーに主戦場を移した。

 転戦や芝の違い、気候に慣れるまでしばらくかかったものの、09年エビアン・マスターズ(メジャー昇格前)で米ツアー初優勝。開幕2連勝を飾った10年は、5勝をマークして日本人初の世界ランクトップに立つなど勢いがあった。樋口久子の全米女子プロ優勝(1977年)に次ぐメジャータイトル獲得が期待されたが、かなっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る