• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退の宮里藍も 日本スポーツ界に欠けたメンタルへの理解

「昨年の夏ごろに決意した」

 先週26日に突然、今季限りの現役引退を発表してゴルフファンのみならず世間を驚かせた宮里藍(31)は、1年近く前に答えを出していたのだ。

 ここ4シーズンは勝利から遠ざかり、絶頂期の感覚が戻らなかった。都内で行われたこの日の会見では、「第一線で結果を残すにはエネルギーが必要。(中途半端な気持ちで通じるほど)甘い世界ではない。限界を感じての決断」と言った。

 高校3年の時に女子ツアーで優勝を果たしてプロ転向。翌2004年開幕戦にいきなり優勝すると、ルーキーイヤーは5勝。賞金1億円を突破し、ランク2位につけて藍ちゃんブームを巻き起こした。05年は日本女子オープンを史上最年少で優勝。06年から米ツアーに主戦場を移した。

 転戦や芝の違い、気候に慣れるまでしばらくかかったものの、09年エビアン・マスターズ(メジャー昇格前)で米ツアー初優勝。開幕2連勝を飾った10年は、5勝をマークして日本人初の世界ランクトップに立つなど勢いがあった。樋口久子の全米女子プロ優勝(1977年)に次ぐメジャータイトル獲得が期待されたが、かなっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る