引退の宮里藍も 日本スポーツ界に欠けたメンタルへの理解

公開日: 更新日:

「昨年の夏ごろに決意した」

 先週26日に突然、今季限りの現役引退を発表してゴルフファンのみならず世間を驚かせた宮里藍(31)は、1年近く前に答えを出していたのだ。

 ここ4シーズンは勝利から遠ざかり、絶頂期の感覚が戻らなかった。都内で行われたこの日の会見では、「第一線で結果を残すにはエネルギーが必要。(中途半端な気持ちで通じるほど)甘い世界ではない。限界を感じての決断」と言った。

 高校3年の時に女子ツアーで優勝を果たしてプロ転向。翌2004年開幕戦にいきなり優勝すると、ルーキーイヤーは5勝。賞金1億円を突破し、ランク2位につけて藍ちゃんブームを巻き起こした。05年は日本女子オープンを史上最年少で優勝。06年から米ツアーに主戦場を移した。

 転戦や芝の違い、気候に慣れるまでしばらくかかったものの、09年エビアン・マスターズ(メジャー昇格前)で米ツアー初優勝。開幕2連勝を飾った10年は、5勝をマークして日本人初の世界ランクトップに立つなど勢いがあった。樋口久子の全米女子プロ優勝(1977年)に次ぐメジャータイトル獲得が期待されたが、かなっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る