評論家は“20年限界説”指摘 宮里藍に見るゴルファーの宿命

公開日: 更新日:

【ANAインスピレーション】

 大会初日のコメントが、宮里藍(31)の現状を象徴している。

 イン発進の前半は3アンダーでターン。おそらくリーダーボード上位に自分の名前が載ったのを確認したはずだ。

 すると、「前半が良かっただけに、後半に力みが出てしまった」と、リズムを崩して41をたたき、2オーバー暫定80位タイ(強風サスペンデッド)だった。

 絶好調だった時にはメディアも「大きく出遅れ」と報じたが、不振が続いているだけに今では藍の成績にだれも驚かない。「力んだ」のも2012年を最後に優勝から遠ざかっており、今季米ツアーもこれまで3試合に出場して、56位、予選落ち、64位と低迷が続いているからだ。ホールアウト後はいつものように、「あともう少しでよくなる。2日目はしっかりと我慢したい」と前向きなコメントを残したが、それがかえって痛々しく見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る