日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評論家は“20年限界説”指摘 宮里藍に見るゴルファーの宿命

【ANAインスピレーション】

 大会初日のコメントが、宮里藍(31)の現状を象徴している。

 イン発進の前半は3アンダーでターン。おそらくリーダーボード上位に自分の名前が載ったのを確認したはずだ。

 すると、「前半が良かっただけに、後半に力みが出てしまった」と、リズムを崩して41をたたき、2オーバー暫定80位タイ(強風サスペンデッド)だった。

 絶好調だった時にはメディアも「大きく出遅れ」と報じたが、不振が続いているだけに今では藍の成績にだれも驚かない。「力んだ」のも2012年を最後に優勝から遠ざかっており、今季米ツアーもこれまで3試合に出場して、56位、予選落ち、64位と低迷が続いているからだ。ホールアウト後はいつものように、「あともう少しでよくなる。2日目はしっかりと我慢したい」と前向きなコメントを残したが、それがかえって痛々しく見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事