評論家は“20年限界説”指摘 宮里藍に見るゴルファーの宿命

公開日:  更新日:

【ANAインスピレーション】

 大会初日のコメントが、宮里藍(31)の現状を象徴している。

 イン発進の前半は3アンダーでターン。おそらくリーダーボード上位に自分の名前が載ったのを確認したはずだ。

 すると、「前半が良かっただけに、後半に力みが出てしまった」と、リズムを崩して41をたたき、2オーバー暫定80位タイ(強風サスペンデッド)だった。

 絶好調だった時にはメディアも「大きく出遅れ」と報じたが、不振が続いているだけに今では藍の成績にだれも驚かない。「力んだ」のも2012年を最後に優勝から遠ざかっており、今季米ツアーもこれまで3試合に出場して、56位、予選落ち、64位と低迷が続いているからだ。ホールアウト後はいつものように、「あともう少しでよくなる。2日目はしっかりと我慢したい」と前向きなコメントを残したが、それがかえって痛々しく見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る