ダル「サイ・ヤング賞」獲りに好調アストロズ打線の壁

公開日:  更新日:

 7月11日の球宴までに3年連続地区優勝が絶望となりかねない。ダルビッシュ有(30)のレンジャーズが、所属するア・リーグ西地区で青木宣親(35)のアストロズに独走を許しているのだ。

 30球団トップの勝率7割4厘を誇るアストロズは2位エンゼルスに11.5ゲーム差、3位レンジャーズに12ゲーム差で地区首位(現地1日終了時)。「どこからでも点が取れて、先制されても必ず逆転できる」(青木)という強力打線が売りで、チーム打率(2割7分7厘)、チーム総得点(292)ともリーグトップだ。

 ダルは2日(日本時間3日)からのアストロズ3連戦の初戦に登板。この3連戦を除き、アストロズとは今季、12試合を残しており、今後の直接対決の結果が、個人成績やタイトルだけでなくチームの成績にも大きく影響する。ダルはアストロズ相手に通算4勝4敗ながら、13年にはあと1人で完全試合の快投を披露するなど、同地区のライバルを得意としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る