ダル「サイ・ヤング賞」獲りに好調アストロズ打線の壁

公開日: 更新日:

 7月11日の球宴までに3年連続地区優勝が絶望となりかねない。ダルビッシュ有(30)のレンジャーズが、所属するア・リーグ西地区で青木宣親(35)のアストロズに独走を許しているのだ。

 30球団トップの勝率7割4厘を誇るアストロズは2位エンゼルスに11.5ゲーム差、3位レンジャーズに12ゲーム差で地区首位(現地1日終了時)。「どこからでも点が取れて、先制されても必ず逆転できる」(青木)という強力打線が売りで、チーム打率(2割7分7厘)、チーム総得点(292)ともリーグトップだ。

 ダルは2日(日本時間3日)からのアストロズ3連戦の初戦に登板。この3連戦を除き、アストロズとは今季、12試合を残しており、今後の直接対決の結果が、個人成績やタイトルだけでなくチームの成績にも大きく影響する。ダルはアストロズ相手に通算4勝4敗ながら、13年にはあと1人で完全試合の快投を披露するなど、同地区のライバルを得意としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る