ダル「サイ・ヤング賞」獲りに好調アストロズ打線の壁

公開日:  更新日:

 7月11日の球宴までに3年連続地区優勝が絶望となりかねない。ダルビッシュ有(30)のレンジャーズが、所属するア・リーグ西地区で青木宣親(35)のアストロズに独走を許しているのだ。

 30球団トップの勝率7割4厘を誇るアストロズは2位エンゼルスに11.5ゲーム差、3位レンジャーズに12ゲーム差で地区首位(現地1日終了時)。「どこからでも点が取れて、先制されても必ず逆転できる」(青木)という強力打線が売りで、チーム打率(2割7分7厘)、チーム総得点(292)ともリーグトップだ。

 ダルは2日(日本時間3日)からのアストロズ3連戦の初戦に登板。この3連戦を除き、アストロズとは今季、12試合を残しており、今後の直接対決の結果が、個人成績やタイトルだけでなくチームの成績にも大きく影響する。ダルはアストロズ相手に通算4勝4敗ながら、13年にはあと1人で完全試合の快投を披露するなど、同地区のライバルを得意としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  7. 7

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

もっと見る