• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル「サイ・ヤング賞」獲りに好調アストロズ打線の壁

 7月11日の球宴までに3年連続地区優勝が絶望となりかねない。ダルビッシュ有(30)のレンジャーズが、所属するア・リーグ西地区で青木宣親(35)のアストロズに独走を許しているのだ。

 30球団トップの勝率7割4厘を誇るアストロズは2位エンゼルスに11.5ゲーム差、3位レンジャーズに12ゲーム差で地区首位(現地1日終了時)。「どこからでも点が取れて、先制されても必ず逆転できる」(青木)という強力打線が売りで、チーム打率(2割7分7厘)、チーム総得点(292)ともリーグトップだ。

 ダルは2日(日本時間3日)からのアストロズ3連戦の初戦に登板。この3連戦を除き、アストロズとは今季、12試合を残しており、今後の直接対決の結果が、個人成績やタイトルだけでなくチームの成績にも大きく影響する。ダルはアストロズ相手に通算4勝4敗ながら、13年にはあと1人で完全試合の快投を披露するなど、同地区のライバルを得意としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る