7試合連続2ケタK日本新 楽天則本“直球回転数”でダル超え

公開日: 更新日:

 楽天則本昂大(26)が、あの野茂英雄を超えた。1日の巨人戦で12奪三振の快投。連続2ケタ奪三振を7試合に伸ばし、91年に野茂がマークした6試合連続の日本記録を更新した。

 中でも圧巻だったのは八回の投球だ。

「ファンのみなさんの声援で力が湧き出た」

 本人がそう振り返ったように、記録に王手をかけてギアが上がった。

 9個の三振を積み上げて迎えた先頭の3番・坂本勇からフォークで空振り三振を奪って記録を達成すると、4番でセ首位打者のマギー、5番・阿部を相手に3者連続の空振り三振。3人に投じた全15球のうち、8球の直球はすべて150キロを超えた。球数が120球に達してなお、球速はまったく衰えず、阿部の3球目にはこの日の最速タイとなる156キロをマークするのだから、巨人は呆然とするしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る