連日のお立ち台 阪神岡崎は虎指揮官好みの“遅咲き苦労人”

公開日: 更新日:

 その瞬間、甲子園が歓喜のるつぼと化した。

 4日、日本ハムを下した阪神。試合を決めたのは延長十一回1死満塁の場面で、サヨナラ左前打を放った岡崎太一(33)だ。

 岡崎は前日3日もプロ1号となる逆転アーチで勝利に貢献。金本監督は「今日の活躍が生涯最高で最後にならないように、また頑張ってほしい」と話していたが、その翌日に再びバットが火を噴いた。

 智弁学園から社会人の松下電器を経て、2004年自由枠で入団。同期には同じ自由枠の能見がいる。二塁送球が1.86秒の強肩で、リード面も巧み。惜しむらくは、打撃に迫力がなさすぎたことだ。

 在阪の球界関係者が言う。

「二軍でもサッパリ打てず、初めて一軍に昇格したのは入団5年目の09年。それでもネックの打撃が足を引っ張り、昨季までは一軍通算79試合。かつては矢野(現コーチ)や野口、メジャー帰りの城島に藤井や鶴岡、最近でも原口や梅野らにポジションを奪われ続けてきたが、それでも岡崎は腐らず、黙々と練習に励んでいた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る