連日のお立ち台 阪神岡崎は虎指揮官好みの“遅咲き苦労人”

公開日: 更新日:

 その瞬間、甲子園が歓喜のるつぼと化した。

 4日、日本ハムを下した阪神。試合を決めたのは延長十一回1死満塁の場面で、サヨナラ左前打を放った岡崎太一(33)だ。

 岡崎は前日3日もプロ1号となる逆転アーチで勝利に貢献。金本監督は「今日の活躍が生涯最高で最後にならないように、また頑張ってほしい」と話していたが、その翌日に再びバットが火を噴いた。

 智弁学園から社会人の松下電器を経て、2004年自由枠で入団。同期には同じ自由枠の能見がいる。二塁送球が1.86秒の強肩で、リード面も巧み。惜しむらくは、打撃に迫力がなさすぎたことだ。

 在阪の球界関係者が言う。

「二軍でもサッパリ打てず、初めて一軍に昇格したのは入団5年目の09年。それでもネックの打撃が足を引っ張り、昨季までは一軍通算79試合。かつては矢野(現コーチ)や野口、メジャー帰りの城島に藤井や鶴岡、最近でも原口や梅野らにポジションを奪われ続けてきたが、それでも岡崎は腐らず、黙々と練習に励んでいた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る