最善策なぜ打たぬ 10連敗の巨人“チグハグ采配”にOB苦言

公開日: 更新日:

「巨人の不振は人災だと思う。負けるべくして負けている」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。

 4日のオリックス戦に敗れ、11年ぶりの10連敗を喫した巨人。相手の新人投手2人の前に、この日も打線が散発の4安打と沈黙した。

「選手というより、ベンチの責任が大きい。象徴的だったのは、2点ビハインドで迎えた八回の攻撃です。先頭の長野が安打で出塁すると、高橋由伸監督(42)は8番の実松の代打に脇谷、9番の投手の代打に相川を相次いで送った。ベンチにはスタメン落ちした阿部、亀井が控えていたにもかかわらず、です。代打の2人が凡退して得点機を逃すと、結局、最終回も阿部と亀井を使わないまま、試合を落とした。ゲームセットの瞬間を、ネクストバッターズサークルで迎えた阿部は、複雑だったと思う。切り札を持ちながら、出し惜しみ、カードを切らずに負ける。ベンチワークとしては最悪です。勝敗は結果論だが今の巨人ベンチは勝つための最善策を打っているとは思えません」(高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る