日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。MBSラジオ「亀山つとむのかめ友Sports Man day」など野球情報番組のコメンテーターとしても活躍中。

不在続く阪神の「代打の神様」は西岡剛に任せたらどうか

起爆剤としてはさすがの存在感(C)日刊ゲンダイ

 阪神には古くから代打の切り札が人気を博す伝統がある。

 近年では「代打の神様」と呼ばれた桧山進次郎や八木裕、それ以前では晩年の真弓明信、川藤幸三、遠井吾郎ら、各時代に必ずと言っていいほど切り札的な存在がいた。彼らは試合終盤の絶好機に登場すると、甲子…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事