3年ぶりツアー11勝目 宮本勝昌の師匠が明かす強さの秘訣

公開日: 更新日:

【ダンロップ・スリクソン福島オープン 最終日】

 1打差3位タイ発進の宮本勝昌(44)が9バーディー、ノーボギーの63で回り通算22アンダーとして、逆転で3年ぶりツアー通算11勝目を挙げた。

「現役プロは40歳を過ぎるとみんな、もう優勝できないかもしれない、と思っている。自分も2014年日本シリーズが最後だと思っていたので、今週優勝できてうれしい」

 師匠は本紙試打クラブ連載でおなじみの石井明義プロだ。宮本が小学校高学年の時から指導しており、44歳になっても勝ち続ける秘訣をこう語る。

「小学生の時にスライスとフックの打ち方を教えた。もちろん両方打てるが、フィニッシュを見てもわかるとおり今ではフックにならないきれいなスイングに徹底している。ああだこうだとゴルフを難しくしないでフェードボールに絞って同じことを繰り返している。トレーニングで体も鍛えており、スイングをシンプルに考えるのがプロ生活を長く続けて勝てるコツです」

 宮本のドライバー平均飛距離は284.74ヤード(ランク53位)。飛ばなくてもパーオン率68.66%(同10位)とグリーンをとらえるショットが光る。飛距離欲しさにスイングを改造するのではなく、愚直に同じことを続けることが何よりも強みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る