3年ぶりツアー11勝目 宮本勝昌の師匠が明かす強さの秘訣

公開日:

【ダンロップ・スリクソン福島オープン 最終日】

 1打差3位タイ発進の宮本勝昌(44)が9バーディー、ノーボギーの63で回り通算22アンダーとして、逆転で3年ぶりツアー通算11勝目を挙げた。

「現役プロは40歳を過ぎるとみんな、もう優勝できないかもしれない、と思っている。自分も2014年日本シリーズが最後だと思っていたので、今週優勝できてうれしい」

 師匠は本紙試打クラブ連載でおなじみの石井明義プロだ。宮本が小学校高学年の時から指導しており、44歳になっても勝ち続ける秘訣をこう語る。

「小学生の時にスライスとフックの打ち方を教えた。もちろん両方打てるが、フィニッシュを見てもわかるとおり今ではフックにならないきれいなスイングに徹底している。ああだこうだとゴルフを難しくしないでフェードボールに絞って同じことを繰り返している。トレーニングで体も鍛えており、スイングをシンプルに考えるのがプロ生活を長く続けて勝てるコツです」

 宮本のドライバー平均飛距離は284.74ヤード(ランク53位)。飛ばなくてもパーオン率68.66%(同10位)とグリーンをとらえるショットが光る。飛距離欲しさにスイングを改造するのではなく、愚直に同じことを続けることが何よりも強みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る