• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英14位も…松山メジャーVの可能性と日本ゴルフ界の懸念

 J・スピース(23)の優勝で幕を閉じた全英オープン。2015年のマスターズと全米オープンに続く3度目のメジャータイトルともなれば優勝スピーチも慣れたもの。大会関係者はもちろん、苦しい戦いを支えてくれたキャディーに感謝し、一騎打ちを演じた同組のM・クーチャーに対しては、13番のトラブルで20分以上も待たせても笑顔を見せてくれた人柄を称えた。

 さらに15年大会覇者の先輩で友人でもあるZ・ジョンソン(41)とクラレットジャグ(優勝トロフィー)にワインを入れて飲んだエピソードも披露。知的でユーモアに富んだスピーチで会場を沸かせた後は、数百人もの大会ボランティアと感謝の握手をした。

 この光景をテレビで見ていた国内ツアーのある関係者は言う。

「最終日の松山は1番の第1打OBで期待を裏切った。世界ランクも2位から3位に下がったが、いつメジャーに勝ってもおかしくないという評価は変わらない。それだけにスピースの優勝スピーチを聞いた時、『口下手の松山は大丈夫かな』と思った。最近は英会話の勉強もしていると聞いたが、おそらく優勝スピーチの時は、冒頭の挨拶以外は通訳を横にして日本語で話すはず。それでも、スピースのような気の利いた語りは望めないでしょう。錦織も宮里藍も英語はペラペラで、卓球の福原愛や石川佳純も中国語が話せる。今のトップアスリートは成績さえよければいいという時代ではないですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る