• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英14位も…松山メジャーVの可能性と日本ゴルフ界の懸念

 J・スピース(23)の優勝で幕を閉じた全英オープン。2015年のマスターズと全米オープンに続く3度目のメジャータイトルともなれば優勝スピーチも慣れたもの。大会関係者はもちろん、苦しい戦いを支えてくれたキャディーに感謝し、一騎打ちを演じた同組のM・クーチャーに対しては、13番のトラブルで20分以上も待たせても笑顔を見せてくれた人柄を称えた。

 さらに15年大会覇者の先輩で友人でもあるZ・ジョンソン(41)とクラレットジャグ(優勝トロフィー)にワインを入れて飲んだエピソードも披露。知的でユーモアに富んだスピーチで会場を沸かせた後は、数百人もの大会ボランティアと感謝の握手をした。

 この光景をテレビで見ていた国内ツアーのある関係者は言う。

「最終日の松山は1番の第1打OBで期待を裏切った。世界ランクも2位から3位に下がったが、いつメジャーに勝ってもおかしくないという評価は変わらない。それだけにスピースの優勝スピーチを聞いた時、『口下手の松山は大丈夫かな』と思った。最近は英会話の勉強もしていると聞いたが、おそらく優勝スピーチの時は、冒頭の挨拶以外は通訳を横にして日本語で話すはず。それでも、スピースのような気の利いた語りは望めないでしょう。錦織も宮里藍も英語はペラペラで、卓球の福原愛や石川佳純も中国語が話せる。今のトップアスリートは成績さえよければいいという時代ではないですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る