クラブを“バシッ” 許されない今平周吾の最終18番での蛮行

公開日:  更新日:

【セガサミーカップ】

 そのシーンを目撃した瞬間、目を疑った向きは少なくなかったはずだ。

 終盤まで優勝争いをしていた今平周吾(24)が、最終18番パー5で2オンに挑戦し、グリーン手前の池につかまった直後だ。手にしていた3番ウッドをキャディーバッグ目がけて思い切り投げつけた。テレビ中継では“バシッ”という大きな音が響いた。

「エッジまで残り246ヤード。普通に届く距離だったので3番ウッドで狙いました。(ヘッドがボール)手前から入ってちょっと引っかかって池に入っちゃいました」(今平)

 首位と1打差2位発進の最終日は13番までに4つ伸ばして通算16アンダーと単独首位に立ち、ツアー2勝目に近づいていた。

 ところがワンオン可能な14番パー4ではドライバーを左に大きく曲げてパーセーブがやっと。ここで勝ったC・キム(27)がバーディーを決めて首位タイに並ばれると、17番バーディーのキムに対して今平はパーで1打ビハインドの2位。そして最終18番での池ポチャからボギーとすると黄重坤(25)にも抜かれて3位フィニッシュだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る