クラブを“バシッ” 許されない今平周吾の最終18番での蛮行

公開日: 更新日:

【セガサミーカップ】

 そのシーンを目撃した瞬間、目を疑った向きは少なくなかったはずだ。

 終盤まで優勝争いをしていた今平周吾(24)が、最終18番パー5で2オンに挑戦し、グリーン手前の池につかまった直後だ。手にしていた3番ウッドをキャディーバッグ目がけて思い切り投げつけた。テレビ中継では“バシッ”という大きな音が響いた。

「エッジまで残り246ヤード。普通に届く距離だったので3番ウッドで狙いました。(ヘッドがボール)手前から入ってちょっと引っかかって池に入っちゃいました」(今平)

 首位と1打差2位発進の最終日は13番までに4つ伸ばして通算16アンダーと単独首位に立ち、ツアー2勝目に近づいていた。

 ところがワンオン可能な14番パー4ではドライバーを左に大きく曲げてパーセーブがやっと。ここで勝ったC・キム(27)がバーディーを決めて首位タイに並ばれると、17番バーディーのキムに対して今平はパーで1打ビハインドの2位。そして最終18番での池ポチャからボギーとすると黄重坤(25)にも抜かれて3位フィニッシュだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る