評価アップのG小林 正捕手確保の条件はバットより頑丈さ

公開日:

 9日にゴールデン・グラブ賞を初受賞した巨人の小林誠司捕手(28)が秋季キャンプ中の宮崎で株を上げている。10日は村田ヘッド兼バッテリーコーチと捕手の練習に臨んだが、首脳陣が評価しているのは「頑丈さ」だという。

 小林と来季の正捕手争いをしていたライバルの宇佐見(24)が6日に左手首を痛めて離脱。選出されていた「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の日本代表も辞退することになった。

「3月に小林がWBCに出場している間も、宇佐見はオープン戦でアピール。それが、開幕直前に右手首を痛め、右手有鉤骨骨折に伴う骨片摘出術を受けて出遅れるはめになった。一方の小林は2年連続打率最下位の打撃をとやかく言われるが、16年に左肩に死球を受けて一時離脱した時もすぐに復帰。129試合に出場して規定打席に到達するなど、大きな故障もなく、肩と体の強さが評価されています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る