評価アップのG小林 正捕手確保の条件はバットより頑丈さ

公開日: 更新日:

 9日にゴールデン・グラブ賞を初受賞した巨人小林誠司捕手(28)が秋季キャンプ中の宮崎で株を上げている。10日は村田ヘッド兼バッテリーコーチと捕手の練習に臨んだが、首脳陣が評価しているのは「頑丈さ」だという。

 小林と来季の正捕手争いをしていたライバルの宇佐見(24)が6日に左手首を痛めて離脱。選出されていた「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の日本代表も辞退することになった。

「3月に小林がWBCに出場している間も、宇佐見はオープン戦でアピール。それが、開幕直前に右手首を痛め、右手有鉤骨骨折に伴う骨片摘出術を受けて出遅れるはめになった。一方の小林は2年連続打率最下位の打撃をとやかく言われるが、16年に左肩に死球を受けて一時離脱した時もすぐに復帰。129試合に出場して規定打席に到達するなど、大きな故障もなく、肩と体の強さが評価されています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る