2年連続2度目のGグラブ 巨人・坂本は今や若手のコーチ役

公開日:

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が9日、発表された。巨人の坂本勇人(28)はセ遊撃手部門で2年連続2度目の受賞となった。

 今年3月、侍ジャパンの正遊撃手としてWBCに出場した坂本は、かねて「ショートを任されている以上は守備が大事」と言い続けてきた。失策王だった時代もあり、他球団ながらヤクルトの名手だった宮本(現ヤクルト・ヘッドコーチ)に弟子入りし、合同自主トレに参加したこともある。レギュラーに定着した頃は、この宮本、その後は阪神の鳥谷(今回は三塁手で初受賞)に阻まれてきたが、当分は天下が続きそうである。

 巨人内でもそんな空気がある。若手育成が急務のチームにあって、「坂本流」が内野守備の手本になりつつある。

「先月の秋季練習中に坂本が三軍のコーチと話し込む姿があった。『ガチガチにならず、リラックスしながら打球に入ること。特にグラブを持っている左手を硬くしない。そうすればハンドリングが柔らかくなる』などと坂本が自身のイメージをコーチに伝え、若手や育成内野手へ向けた心得をレクチャーしていた。来季の二塁は、ドラフト1位入団で2年目を迎える吉川尚らが務める可能性がある。主将でもあるし、若手を底上げしてもらわないと困るのは、坂本も一緒なんです」(チーム関係者)

 坂本は「目標の失策数1ケタ台(9)をクリアして受賞できたことは、自信になるし誇りに思う」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る