2年連続2度目のGグラブ 巨人・坂本は今や若手のコーチ役

公開日:

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が9日、発表された。巨人の坂本勇人(28)はセ遊撃手部門で2年連続2度目の受賞となった。

 今年3月、侍ジャパンの正遊撃手としてWBCに出場した坂本は、かねて「ショートを任されている以上は守備が大事」と言い続けてきた。失策王だった時代もあり、他球団ながらヤクルトの名手だった宮本(現ヤクルト・ヘッドコーチ)に弟子入りし、合同自主トレに参加したこともある。レギュラーに定着した頃は、この宮本、その後は阪神の鳥谷(今回は三塁手で初受賞)に阻まれてきたが、当分は天下が続きそうである。

 巨人内でもそんな空気がある。若手育成が急務のチームにあって、「坂本流」が内野守備の手本になりつつある。

「先月の秋季練習中に坂本が三軍のコーチと話し込む姿があった。『ガチガチにならず、リラックスしながら打球に入ること。特にグラブを持っている左手を硬くしない。そうすればハンドリングが柔らかくなる』などと坂本が自身のイメージをコーチに伝え、若手や育成内野手へ向けた心得をレクチャーしていた。来季の二塁は、ドラフト1位入団で2年目を迎える吉川尚らが務める可能性がある。主将でもあるし、若手を底上げしてもらわないと困るのは、坂本も一緒なんです」(チーム関係者)

 坂本は「目標の失策数1ケタ台(9)をクリアして受賞できたことは、自信になるし誇りに思う」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る