2年連続2度目のGグラブ 巨人・坂本は今や若手のコーチ役

公開日: 更新日:

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が9日、発表された。巨人坂本勇人(28)はセ遊撃手部門で2年連続2度目の受賞となった。

 今年3月、侍ジャパンの正遊撃手としてWBCに出場した坂本は、かねて「ショートを任されている以上は守備が大事」と言い続けてきた。失策王だった時代もあり、他球団ながらヤクルトの名手だった宮本(現ヤクルト・ヘッドコーチ)に弟子入りし、合同自主トレに参加したこともある。レギュラーに定着した頃は、この宮本、その後は阪神の鳥谷(今回は三塁手で初受賞)に阻まれてきたが、当分は天下が続きそうである。

 巨人内でもそんな空気がある。若手育成が急務のチームにあって、「坂本流」が内野守備の手本になりつつある。

「先月の秋季練習中に坂本が三軍のコーチと話し込む姿があった。『ガチガチにならず、リラックスしながら打球に入ること。特にグラブを持っている左手を硬くしない。そうすればハンドリングが柔らかくなる』などと坂本が自身のイメージをコーチに伝え、若手や育成内野手へ向けた心得をレクチャーしていた。来季の二塁は、ドラフト1位入団で2年目を迎える吉川尚らが務める可能性がある。主将でもあるし、若手を底上げしてもらわないと困るのは、坂本も一緒なんです」(チーム関係者)

 坂本は「目標の失策数1ケタ台(9)をクリアして受賞できたことは、自信になるし誇りに思う」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る