4人交代の異例人事に何が 阪神フロント大刷新の裏事情

公開日:

 6日、阪神が球団社長以下4人の幹部を大刷新する人事を発表した。

 四藤社長兼オーナー代行、高野球団本部長らが退任。新オーナー代行には阪神電鉄トップの藤原崇起会長(65)が就任し、新社長には甲子園球場長などを歴任した揚塩健治氏(57=阪神電鉄取締役、阪神不動産社長)が着任する。この人事について、阪神OBが解説する。

「今回は藤原オーナー代行の意向が色濃く出た。藤原オーナー代行と揚塩社長はともに大阪府大出身でつながりは深い。ポイントは編成業務を中心とする球団本部の人材を刷新したこと。阪神は昨年のヘイグ、今年のキャンベル、ロジャースと助っ人で失敗が続き、さらにはトレード、新外国人の獲得期限(7月31日)が過ぎた9月に、ウエーバー公示された日本ハムのメンドーサを獲得したがこれも不発だった。さらに今オフのFA選手の獲得調査も芳しくないという。今回の異例の人事にはさらに、金本監督の意向をくんで掛布二軍監督を更迭したように、金本体制をより強固にする意図もある。老舗球団である阪神には球団関係者とOBとの間で連綿と続く派閥のしがらみがある。これを極力なくす意図もあるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る