4人交代の異例人事に何が 阪神フロント大刷新の裏事情

公開日: 更新日:

 6日、阪神が球団社長以下4人の幹部を大刷新する人事を発表した。

 四藤社長兼オーナー代行、高野球団本部長らが退任。新オーナー代行には阪神電鉄トップの藤原崇起会長(65)が就任し、新社長には甲子園球場長などを歴任した揚塩健治氏(57=阪神電鉄取締役、阪神不動産社長)が着任する。この人事について、阪神OBが解説する。

「今回は藤原オーナー代行の意向が色濃く出た。藤原オーナー代行と揚塩社長はともに大阪府大出身でつながりは深い。ポイントは編成業務を中心とする球団本部の人材を刷新したこと。阪神は昨年のヘイグ、今年のキャンベル、ロジャースと助っ人で失敗が続き、さらにはトレード、新外国人の獲得期限(7月31日)が過ぎた9月に、ウエーバー公示された日本ハムのメンドーサを獲得したがこれも不発だった。さらに今オフのFA選手の獲得調査も芳しくないという。今回の異例の人事にはさらに、金本監督の意向をくんで掛布二軍監督を更迭したように、金本体制をより強固にする意図もある。老舗球団である阪神には球団関係者とOBとの間で連綿と続く派閥のしがらみがある。これを極力なくす意図もあるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

  10. 10

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る