米本命2球団を敬遠か 日ハム大谷は“即結果より育成”希望

公開日:

 今オフ、ポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦する日本ハムの大谷翔平(23)。日米のスポーツマスコミがこぞって「本命視」しているのが、ドジャースとヤンキースだ。

 ドジャースは最も大谷へのアプローチに熱心だった。高校時代には何度も接触。今年のシーズン中にも複数の球団幹部が来日し、7日(日本時間8日)にはフリードマン編成部長が「二刀流は可能」と秋波を送った。

 一方、ヤンキースも有力候補といわれる。さる6日(同7日)、米大リーグ機構の公式ラジオチャンネルのツイッターで、MLBの名物記者15人中11人が大谷の移籍先をヤンキースだと予想した。

 大谷はしかし、親しい人に「日本人選手の在籍していない球団に行きたい」と話しているという。さらに、親しい関係者は「(大谷は)すぐに結果を求められる大都市の人気球団を敬遠するのではないか」とみている。つまり、育成に定評のあるチームを重視しているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る