米本命2球団を敬遠か 日ハム大谷は“即結果より育成”希望

公開日:

 今オフ、ポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦する日本ハムの大谷翔平(23)。日米のスポーツマスコミがこぞって「本命視」しているのが、ドジャースとヤンキースだ。

 ドジャースは最も大谷へのアプローチに熱心だった。高校時代には何度も接触。今年のシーズン中にも複数の球団幹部が来日し、7日(日本時間8日)にはフリードマン編成部長が「二刀流は可能」と秋波を送った。

 一方、ヤンキースも有力候補といわれる。さる6日(同7日)、米大リーグ機構の公式ラジオチャンネルのツイッターで、MLBの名物記者15人中11人が大谷の移籍先をヤンキースだと予想した。

 大谷はしかし、親しい人に「日本人選手の在籍していない球団に行きたい」と話しているという。さらに、親しい関係者は「(大谷は)すぐに結果を求められる大都市の人気球団を敬遠するのではないか」とみている。つまり、育成に定評のあるチームを重視しているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る