巨人ドラ2捕手 岸田行倫にキャッチャーミット必要なし?

公開日:  更新日:

 巨人からドラフト2位指名された大阪ガス・岸田行倫捕手(21)が1日、兵庫・西宮市内の同社グラウンドで指名あいさつを受けた。

 報徳学園3年時に内野手から転向し、大阪ガスでは1年目から正捕手として活躍。捕手歴はまだ4年ながら、「あいさつに来てもらって指名された実感が湧いてきました」と目を輝かせた。

 二塁送球は1秒9の強肩が武器。大阪ガスの関係者がこう明かす。

「高校時代からプロ志望だった。でも、足がなくて打撃もそこそこ。目立つのは肩だけだった。当時の報徳・永田監督の旧知のプロ関係者の進言で『プロに行きたいなら三塁より捕手の方が可能性があるから、やってみるか?』と言って3年生で転向することになったようです。岸田の頭にはその時の『プロに行くなら捕手』の言葉があるから、大阪ガス入社以来、捕手一本なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る