巨人ドラ2捕手 岸田行倫にキャッチャーミット必要なし?

公開日: 更新日:

 巨人からドラフト2位指名された大阪ガス・岸田行倫捕手(21)が1日、兵庫・西宮市内の同社グラウンドで指名あいさつを受けた。

 報徳学園3年時に内野手から転向し、大阪ガスでは1年目から正捕手として活躍。捕手歴はまだ4年ながら、「あいさつに来てもらって指名された実感が湧いてきました」と目を輝かせた。

 二塁送球は1秒9の強肩が武器。大阪ガスの関係者がこう明かす。

「高校時代からプロ志望だった。でも、足がなくて打撃もそこそこ。目立つのは肩だけだった。当時の報徳・永田監督の旧知のプロ関係者の進言で『プロに行きたいなら三塁より捕手の方が可能性があるから、やってみるか?』と言って3年生で転向することになったようです。岸田の頭にはその時の『プロに行くなら捕手』の言葉があるから、大阪ガス入社以来、捕手一本なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る