36歳ソフトB鶴岡がFA表明 捕手は本当に育てにくいのか?

公開日:

 一昔前なら考えられなかったことだ。

 7日にFA権の行使を表明した、ソフトバンクの鶴岡慎也(36)。会見で「FA権を行使して、退団という形で新天地を探す」と決意を語ったベテランは、2013年オフに日本ハムからソフトバンクにFA移籍。昨季は103試合と、移籍後最多出場を果たした。しかし、今季はわずか29試合と出番が激減。高谷、甲斐に続く3番手扱いだった。

 鶴岡はCランクとはいえ、年俸は7600万円と安くはない。それでもFA宣言するということは、それなりに獲得球団があると見越しているのだろう。昨年は同じくソフトバンクに在籍していた当時36歳の細川が、コーチ就任の打診を断り、自由契約に。あくまで現役にこだわり、楽天に拾われた。15年にはヤクルトの相川も、38歳で巨人にFA移籍した。

 引退してもおかしくない2番手、3番手の“老捕手”が次々に新天地を目指し、しかも獲得してくれる球団まである。それだけ、球界の捕手難は深刻ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る