ケプカvs松山でガチンコ対決 シニア敗退でようやく実現

公開日:

【ダンロップフェニックス 2日目】

 尾崎将司、中嶋常幸の“厄介シニア”が予選で消えて、ようやく今大会も本当の盛り上がりを見せてくる。

 米ツアーで戦う松山英樹(25)が8アンダー2位タイに浮上し、大会3日目(18日)は9アンダー単独首位のブルックス・ケプカ(27)と最終組でのガチンコ対決になった。また、新人で初めて米プレーオフ最終戦に優勝し、1年目に2勝を挙げて「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したザンダー・シャウフェレ(24)も2打差4位タイの好位置につけている。

 とくに松山とケプカは因縁の関係だ。

「ケプカの米ツアー初優勝は2015年のフェニックス・オープン。その時、最終日最終組で松山と直接対決し、一時トップに立った松山をケプカが終盤で逆転した。さらに、今年の全米オープンでは松山が最終日に66の猛攻を見せましたが、後続のケプカが松山に4打差をつけてメジャー初制覇。松山は2位に終わり、またも敗れた。米ツアーではメジャータイトルがある、なしで周りの見る目も違ってくる。世界ランクこそ松山4位、ケプカ10位ですが、今季ポイントランクではケプカ21位、松山53位と出遅れています。この大会はともに1勝。お互いに譲れない真剣勝負になるのは間違いありません」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る