宮里優作コース記録61でも…男子ツアー“閑古鳥”続く理由

公開日: 更新日:

【ホンマ・ツアーワールドカップ 初日】

 今季2勝を挙げて賞金ランク3位につける宮里優作(37)が、10バーディー、ノーボギーのコースレコード61で回り単独トップに立った。

 イン発進の初日はチップインバーディーを決めた14番からの3連続を皮切りに、18番から折り返して3番まで4連続バーディーを奪った。そして6番からも3連続バーディーと勢いが止まらなかった。

「途中からカチッと何かはまるような感じがあった。ちょっとバーディーを取り過ぎですかね。ペース配分を間違えたかもしれない。余裕を持って、あまり一喜一憂しないで淡々とゴルフをしていた感じ」(宮里)

 宮里はアマチュア時代に出した自己ベスト9アンダーを更新。ただ、ツアーでの18ホール最多バーディーは「12」を3選手が達成している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る