• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季最終戦で2位Tも…石川遼の米ツアー復帰は“茨の道”

【カシオワールドオープン 最終日】

 自身の最終戦となった今大会は2位タイと見せ場をつくった石川遼(26=写真)。米ツアーのシード権を失った来季は下部ツアー(ウェブドットコムツアー)の開幕戦(1月8~11日・バハマ)から出場する予定だ。「それまでは国内で練習する。試合は全部出ようかなと思っています」と言ったが、米ツアーへの返り咲きは容易ではない。

 下部ツアー全26試合で、賞金ランク25位以内に入れば、翌年の米ツアーのシード権が得られる。賞金が安いだけに、目安といわれる18万ドル前後を稼ぐには1度は優勝が欲しいが、下部ツアーといっても、飛ばし屋や小技上手は数知れず。上位争いは簡単ではない。

 25位以内から漏れても、75位以内なら下部ツアーのファイナルシリーズ(4試合)に進める。そこには、米ツアーのシードを逃したフェデックスカップランク126位から200位までの選手も参戦。計150人が4試合のみの獲得賞金で最後のシード25枠を争う(下部ツアー上位25位以内を除く)。

 石川は「日本ツアーにも出場したい」とは言ったものの、おそらくそんな余裕はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る