今季最終戦で2位Tも…石川遼の米ツアー復帰は“茨の道”

公開日:

【カシオワールドオープン 最終日】

 自身の最終戦となった今大会は2位タイと見せ場をつくった石川遼(26=写真)。米ツアーのシード権を失った来季は下部ツアー(ウェブドットコムツアー)の開幕戦(1月8~11日・バハマ)から出場する予定だ。「それまでは国内で練習する。試合は全部出ようかなと思っています」と言ったが、米ツアーへの返り咲きは容易ではない。

 下部ツアー全26試合で、賞金ランク25位以内に入れば、翌年の米ツアーのシード権が得られる。賞金が安いだけに、目安といわれる18万ドル前後を稼ぐには1度は優勝が欲しいが、下部ツアーといっても、飛ばし屋や小技上手は数知れず。上位争いは簡単ではない。

 25位以内から漏れても、75位以内なら下部ツアーのファイナルシリーズ(4試合)に進める。そこには、米ツアーのシードを逃したフェデックスカップランク126位から200位までの選手も参戦。計150人が4試合のみの獲得賞金で最後のシード25枠を争う(下部ツアー上位25位以内を除く)。

 石川は「日本ツアーにも出場したい」とは言ったものの、おそらくそんな余裕はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る