日本女子連覇も米では苦戦 畑岡奈紗にコーチ売り込み殺到

公開日: 更新日:

 誰が口説き落とすのか。

 40年ぶりに日本女子オープンを連覇した畑岡奈紗(18)。2日に発表された世界ランキングは、前週の103位から67位まで順位を上げ、日本勢5番目になった。今週のスタンレーレディス(6日開幕)で3週連続優勝もかかっている旬の若手は今季、米女子ツアーのメンバーとして戦ったが、賞金ランク136位(3万7852ドル=約427万円)でシード権を失った。

 米女子ツアーは国内ツアーに比べてコースの難易度が高く、距離も長い。地域や国によって芝質もまるで違う。

 宮里は国内で12勝し、力をつけてから海を渡ったことで、1年目から賞金ランクも22位(53万2053ドル=約6012万円)という結果を残した。その宮里でも米ツアー初優勝は4年目のシーズンだった。

■プロコーチ不在

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る