日本フィギュアと何が違う ロシアとの厚すぎる6.98点の壁

公開日:

 ロシアの底力を見せつけられた。

 21日、女子フィギュアのショートプログラム(SP)でザギトワ(15)とメドべージェワ(18)のOAR(ロシア)の2人がトップ2を独占。スコアは共に80点超で、パーソナルベスト(PB)を更新した。

 メドベージェワはこのSPで自身が持つ世界最高得点(81.06点)を塗り替えたが、その20分後に滑ったザギトワがさらにそれを上回り(82.92点)、会場をどよめかせた。

 日本勢だってミスが出たわけではない。4位につけた宮原知子(19=75.94点)は、団体SPで取られた回転不足を今回の個人戦までに短期間で修正。一度も回転不足を取られない会心の演技を見せた。5位の坂本花織(17=73.18点)は、すべてのジャンプを後半に集めるタフな構成にもかかわらず全部成功。こちらもほぼ完璧だったが、それでも宮原はザギトワに6.98点差、坂本は9.74点も離されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る