初昇格の長崎が恐々…J2降格ジンクス“ヒデキの呪い”とは

公開日:

 長崎のJ1デビュー戦は湘南相手に1―2の惜敗に終わった。

 戦力的に「降格大本命」と言われている長崎。開幕前のサッカー専門誌の解説者、編集部記者ら30人による順位予想でも「27人が降格」。その中で「26人が最下位」だった。これに追い打ちをかけるのが、大物歌手の西城秀樹の「ヒデキの呪い」だ。

「17年Jリーグを制した川崎の本拠地・川崎市は7月1日の市制記念日の祝賀イベントの一環として毎年7月、川崎のホーム試合のハーフタイムに西城秀樹を招き、ヒット曲を流す<YMCAショー>を催している。これがクセモノです。09年以降にショー当日に対戦した10チーム中6チームがJ2に降格。J1の中堅以下のクラブ関係者は『7月に川崎の本拠地で試合したくない。マジでヒデキの呪いが恐ろしい』とビビっているのです」(マスコミ関係者)

 18年シーズンはロシアW杯の関係でJ1は5月下旬から7月中旬まで休止期間。川崎のホーム試合は「22日の第17節・長崎戦」だけ。この日に西城秀樹が♪YMCA~と歌う公算大である。

 長崎が序盤で負け越していたら――。ヒデキの呪いがトドメを刺す!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る