• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初昇格の長崎が恐々…J2降格ジンクス“ヒデキの呪い”とは

 長崎のJ1デビュー戦は湘南相手に1―2の惜敗に終わった。

 戦力的に「降格大本命」と言われている長崎。開幕前のサッカー専門誌の解説者、編集部記者ら30人による順位予想でも「27人が降格」。その中で「26人が最下位」だった。これに追い打ちをかけるのが、大物歌手の西城秀樹の「ヒデキの呪い」だ。

「17年Jリーグを制した川崎の本拠地・川崎市は7月1日の市制記念日の祝賀イベントの一環として毎年7月、川崎のホーム試合のハーフタイムに西城秀樹を招き、ヒット曲を流す<YMCAショー>を催している。これがクセモノです。09年以降にショー当日に対戦した10チーム中6チームがJ2に降格。J1の中堅以下のクラブ関係者は『7月に川崎の本拠地で試合したくない。マジでヒデキの呪いが恐ろしい』とビビっているのです」(マスコミ関係者)

 18年シーズンはロシアW杯の関係でJ1は5月下旬から7月中旬まで休止期間。川崎のホーム試合は「22日の第17節・長崎戦」だけ。この日に西城秀樹が♪YMCA~と歌う公算大である。

 長崎が序盤で負け越していたら――。ヒデキの呪いがトドメを刺す!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る