初昇格の長崎が恐々…J2降格ジンクス“ヒデキの呪い”とは

公開日:

 長崎のJ1デビュー戦は湘南相手に1―2の惜敗に終わった。

 戦力的に「降格大本命」と言われている長崎。開幕前のサッカー専門誌の解説者、編集部記者ら30人による順位予想でも「27人が降格」。その中で「26人が最下位」だった。これに追い打ちをかけるのが、大物歌手の西城秀樹の「ヒデキの呪い」だ。

「17年Jリーグを制した川崎の本拠地・川崎市は7月1日の市制記念日の祝賀イベントの一環として毎年7月、川崎のホーム試合のハーフタイムに西城秀樹を招き、ヒット曲を流す<YMCAショー>を催している。これがクセモノです。09年以降にショー当日に対戦した10チーム中6チームがJ2に降格。J1の中堅以下のクラブ関係者は『7月に川崎の本拠地で試合したくない。マジでヒデキの呪いが恐ろしい』とビビっているのです」(マスコミ関係者)

 18年シーズンはロシアW杯の関係でJ1は5月下旬から7月中旬まで休止期間。川崎のホーム試合は「22日の第17節・長崎戦」だけ。この日に西城秀樹が♪YMCA~と歌う公算大である。

 長崎が序盤で負け越していたら――。ヒデキの呪いがトドメを刺す!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る