W杯まで4カ月 サッカー界の論客がハリル監督を徹底検証

公開日: 更新日:

 6月14日に開幕するロシアW杯。ハリルホジッチ監督(65)は、日本代表を決勝トーナメントに導いてくれるのか? サッカー界を代表する論客である、鈴木良平初代なでしこジャパン専任監督(68)と、六川亨元サッカーダイジェスト編集長(60)が改めて指揮官を徹底検証――。

■「限られた好機を試行錯誤の場に」

 ――前任者のザッケローニ監督は主力を固定して戦いましたが、ハリルは多くの選手を呼んでテストを繰り返しています。

六川亨「14年ブラジルW杯のザック日本にはMF香川、FWの本田、岡崎やDF長友ら伸び盛りの選手と、MF長谷部、GK川島ら円熟期を迎えた選手がチームの根幹をなし、ザックは彼らを主軸として信頼しました」

鈴木良平「名前の挙がった選手は下り坂にあるとはいえ、いつまでハリルは迷い続けるつもりなのか? W杯出場を決めた後の17年11月の欧州遠征で本田、岡崎、香川を外したが、彼らは代表から放逐されるほど衰えてはいない。相手はブラジルとベルギー。世界の強豪国を相手に経験値に磨きをかけるチャンスはめったにない。しかし、指揮官は限られた好機を試行錯誤の場にしてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る