• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯まで4カ月 サッカー界の論客がハリル監督を徹底検証

 6月14日に開幕するロシアW杯。ハリルホジッチ監督(65)は、日本代表を決勝トーナメントに導いてくれるのか? サッカー界を代表する論客である、鈴木良平初代なでしこジャパン専任監督(68)と、六川亨元サッカーダイジェスト編集長(60)が改めて指揮官を徹底検証――。

■「限られた好機を試行錯誤の場に」

 ――前任者のザッケローニ監督は主力を固定して戦いましたが、ハリルは多くの選手を呼んでテストを繰り返しています。

六川亨「14年ブラジルW杯のザック日本にはMF香川、FWの本田、岡崎やDF長友ら伸び盛りの選手と、MF長谷部、GK川島ら円熟期を迎えた選手がチームの根幹をなし、ザックは彼らを主軸として信頼しました」

鈴木良平「名前の挙がった選手は下り坂にあるとはいえ、いつまでハリルは迷い続けるつもりなのか? W杯出場を決めた後の17年11月の欧州遠征で本田、岡崎、香川を外したが、彼らは代表から放逐されるほど衰えてはいない。相手はブラジルとベルギー。世界の強豪国を相手に経験値に磨きをかけるチャンスはめったにない。しかし、指揮官は限られた好機を試行錯誤の場にしてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る