W杯まで4カ月 サッカー界の論客がハリル監督を徹底検証

公開日:

 6月14日に開幕するロシアW杯。ハリルホジッチ監督(65)は、日本代表を決勝トーナメントに導いてくれるのか? サッカー界を代表する論客である、鈴木良平初代なでしこジャパン専任監督(68)と、六川亨元サッカーダイジェスト編集長(60)が改めて指揮官を徹底検証――。

■「限られた好機を試行錯誤の場に」

 ――前任者のザッケローニ監督は主力を固定して戦いましたが、ハリルは多くの選手を呼んでテストを繰り返しています。

六川亨「14年ブラジルW杯のザック日本にはMF香川、FWの本田、岡崎やDF長友ら伸び盛りの選手と、MF長谷部、GK川島ら円熟期を迎えた選手がチームの根幹をなし、ザックは彼らを主軸として信頼しました」

鈴木良平「名前の挙がった選手は下り坂にあるとはいえ、いつまでハリルは迷い続けるつもりなのか? W杯出場を決めた後の17年11月の欧州遠征で本田、岡崎、香川を外したが、彼らは代表から放逐されるほど衰えてはいない。相手はブラジルとベルギー。世界の強豪国を相手に経験値に磨きをかけるチャンスはめったにない。しかし、指揮官は限られた好機を試行錯誤の場にしてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る