インテル戦力外の長友佑都 ガラタサライ移籍は吉か凶か?

公開日: 更新日:

 セリエA・インテル所属の日本代表DF長友佑都(31)の新天地がトルコ1部の強豪ガラタサライに決まった。冬季移籍期間最終日の1月31日に本拠地イスタンブールを訪れ、身体検査終了後に契約を交わしたのだ。

 インテル8シーズン目を迎えてチーム最古参となった長友は今季、スパレッティ監督によって戦力外扱いとなり、直近のセリエA10試合で計15分しか出番を与えられていない。このままでは試合勘を失い、6月開幕のロシアW杯でベンチ要員降格の危険性も出てきた。

 そこで長友は、かつてのチームメートの助言を受け、トルコ移籍を決めたともっぱらである。

「長友は、09年にインテル入りした元オランダ代表司令塔のMFスナイデルと仲が良く、13年1月にスナイデルがガラタサライに移籍してからも連絡を密に取り合う親友です。スナイデルは1月8日、カタールのクラブへの移籍を発表したが、長友はスナイデルからのアドバイス通り、トルコでプレーすることにしたのです」(関係者)

 さてトルコ行きは吉と出るか、凶と出るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る