インテル戦力外の長友佑都 ガラタサライ移籍は吉か凶か?

公開日:

 セリエA・インテル所属の日本代表DF長友佑都(31)の新天地がトルコ1部の強豪ガラタサライに決まった。冬季移籍期間最終日の1月31日に本拠地イスタンブールを訪れ、身体検査終了後に契約を交わしたのだ。

 インテル8シーズン目を迎えてチーム最古参となった長友は今季、スパレッティ監督によって戦力外扱いとなり、直近のセリエA10試合で計15分しか出番を与えられていない。このままでは試合勘を失い、6月開幕のロシアW杯でベンチ要員降格の危険性も出てきた。

 そこで長友は、かつてのチームメートの助言を受け、トルコ移籍を決めたともっぱらである。

「長友は、09年にインテル入りした元オランダ代表司令塔のMFスナイデルと仲が良く、13年1月にスナイデルがガラタサライに移籍してからも連絡を密に取り合う親友です。スナイデルは1月8日、カタールのクラブへの移籍を発表したが、長友はスナイデルからのアドバイス通り、トルコでプレーすることにしたのです」(関係者)

 さてトルコ行きは吉と出るか、凶と出るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る