• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インテル戦力外の長友佑都 ガラタサライ移籍は吉か凶か?

 セリエA・インテル所属の日本代表DF長友佑都(31)の新天地がトルコ1部の強豪ガラタサライに決まった。冬季移籍期間最終日の1月31日に本拠地イスタンブールを訪れ、身体検査終了後に契約を交わしたのだ。

 インテル8シーズン目を迎えてチーム最古参となった長友は今季、スパレッティ監督によって戦力外扱いとなり、直近のセリエA10試合で計15分しか出番を与えられていない。このままでは試合勘を失い、6月開幕のロシアW杯でベンチ要員降格の危険性も出てきた。

 そこで長友は、かつてのチームメートの助言を受け、トルコ移籍を決めたともっぱらである。

「長友は、09年にインテル入りした元オランダ代表司令塔のMFスナイデルと仲が良く、13年1月にスナイデルがガラタサライに移籍してからも連絡を密に取り合う親友です。スナイデルは1月8日、カタールのクラブへの移籍を発表したが、長友はスナイデルからのアドバイス通り、トルコでプレーすることにしたのです」(関係者)

 さてトルコ行きは吉と出るか、凶と出るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る