• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パワハラ騒動で自宅療養 W杯指揮辞退した栄監督の頭の中

 五輪4連覇の伊調馨(33)へのパワハラを告発された日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が離脱した。

 17日開幕の国別対抗戦女子W杯(高崎)での指揮を体調不良を理由に辞退。栄氏に代わって笹山秀雄女子強化委員長(50)が指揮を執る。

 栄氏が監督を務める至学館大学は現在の状態について、「(過熱する報道に)衝撃を受け心身が衰弱し、日常生活を送ることも困難になっています。そのため、今は安静療養が必要です」と文書で説明。馳浩協会副会長は8日の理事会後の会見で「(前日7日に電話で話した際は)大変、消え入りそうな声で本当に憔悴しているような感じでした」と明かした。

 パワハラ疑惑が明るみに出て以来、テレビのワイドショーもこぞって、今回のパワハラ騒動を報じている。これまでの功績を全て否定するような報道もあり、栄氏が国際大会の指揮を放棄することには同情の声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る