伊調より金量産 パワハラ問題で露見したスポーツ界の暗部

公開日:

 真相は明らかになるのか。

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が、五輪4連覇の伊調馨(33)に対しパワーハラスメントを繰り返していたという告発状が内閣府の公益認定等委員会に提出された問題で動きがあった。

 レスリング協会は6日、都内で倫理委員会を開き、弁護士で構成される第三者委員会に関係者への聞き取り調査を委託することを決めた。調査は早ければ2~3週間で終了する。内閣府も同日、告発状を提出した関係者から話を聞く意向を明らかにした。

 週刊文春などの報道によれば、栄氏の指導によって08年北京で五輪を連覇した伊調はその後、師匠の元を離れ、2人の関係はこじれた。すると、伊調の新しい指導者になったアテネ五輪銅メダリストで、当時男子のコーチだった田南部力氏(42)への嫌がらせも始まったという。ロンドン、リオと勝ち続けた伊調と田南部氏に対する栄氏の圧力はエスカレートしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る