伊調より金量産 パワハラ問題で露見したスポーツ界の暗部

公開日: 更新日:

 真相は明らかになるのか。

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が、五輪4連覇の伊調馨(33)に対しパワーハラスメントを繰り返していたという告発状が内閣府の公益認定等委員会に提出された問題で動きがあった。

 レスリング協会は6日、都内で倫理委員会を開き、弁護士で構成される第三者委員会に関係者への聞き取り調査を委託することを決めた。調査は早ければ2~3週間で終了する。内閣府も同日、告発状を提出した関係者から話を聞く意向を明らかにした。

 週刊文春などの報道によれば、栄氏の指導によって08年北京で五輪を連覇した伊調はその後、師匠の元を離れ、2人の関係はこじれた。すると、伊調の新しい指導者になったアテネ五輪銅メダリストで、当時男子のコーチだった田南部力氏(42)への嫌がらせも始まったという。ロンドン、リオと勝ち続けた伊調と田南部氏に対する栄氏の圧力はエスカレートしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る