恩師告発の代償 女子レスリング伊調馨は国内に居場所なし

公開日: 更新日:

「現役を続けるにしても、引退するにしても、日本で生きる道はないかもしれない」――。

 レスリング関係者の間では今、こんな話でもちきりだという。

 かつての恩師である日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)によるパワハラを明らかにした五輪4連覇の伊調馨(33)に関してだ。

■全日本では針のむしろに

 伊調は中京女子高(現至学館)時代、同校の監督を務めていた栄氏の自宅に下宿しながら練習を重ねてきた。栄氏の車で学校や大会会場に送り迎えしてもらうなど、公私にわたって世話になり、五輪3連覇の吉田沙保里とともに、一時は親子以上の関係を築いた。

 昨8日に都内で開かれたレスリング協会の定例理事会後、同協会の副会長を務める馳浩元文科相は、「伊調さんの思いをきちんと聞いてあげる必要がある。五輪女王というだけでなく、協会に大変貢献の大きな選手。しっかりバックアップしてあげなければいけない」と話したが、恩師を“告発”した今回の騒動によって、伊調の居場所が完全になくなってしまうとみる関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る