JOC理事の女三四郎も首ひねる…伊調馨パワハラ騒動の深淵

公開日:

 日本のスポーツ界を代表する女性論客が女子レスリングのパワハラ騒動にダメ出しである。

 7日、JOC(日本オリンピック委員会)の女性スポーツ専門部会に出席したソウル五輪52キロ級銅メダルでJOC理事の山口香氏(53)。女子レスリングで五輪4連覇の伊調馨(33)が恩師である栄和人日本レスリング協会強化本部長(57)から度重なる嫌がらせを受けていたとされる問題について聞くと、「何も分からないのでコメントしようがない」としながらも、当事者の姿勢に疑問を投げかけた。

■「誰を訴えているのか分からない」

 伊調は内閣府公益認定等委員会に提出された告発状について、「一切、関わっておりません」と書類作成については完全否定。その一方で、「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したいと思っています」と恩師によるパワハラをつまびらかにする姿勢を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る