• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊調パワハラ問題で浮き彫り 代表監督“所属先兼務”の弊害

 テレビのワイドショーで連日取り上げられている女子レスリングのパワハラ問題。五輪4連覇の伊調馨(33)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)から嫌がらせを受けたという一件は、伊調がアテネ、北京と五輪を連覇し、さらなるレベルアップを求め、恩師である栄氏の元を離れたことが引き金になったようである。

 栄強化本部長は至学館大の監督を兼務しているため、同大学や付属高には全国から有望選手が集まる。リオ五輪金の登坂絵莉、川井梨沙子、土性沙羅も同大を卒業。伊調も吉田沙保里も大学名が変わる前の中京女子大学出身。昨年12月の全日本選手権の女子は10階級中、8階級が至学館大の選手かOG。まさに女子レスリング界は「栄王国」といえる。

 女子レスリングは極端な例だが、アマチュアスポーツ界には以前から「企業や学校の監督が日本代表のトップを兼務するのはおかしい」との声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る