• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OP戦の不振を払拭 阪神ロサリオの活躍は「巨人サマサマ」

「しばらく打てる感じはしない」

 開幕直前、ライバル球団は阪神のロサリオ(29)をこうみていた。

 新4番の期待を一心に背負うも、オープン戦は13試合で打率.143、1本塁打、4打点にとどまった。セ球団関係者が言う。

「ボールになる変化球で攻め続けられたことで我慢できなくなり、ボール球に手を出し始めた。その結果、上体が突っ込み、打てなくなった」

 もっとも、キャンプの紅白戦、練習試合ではバカ当たりするなど、能力の片鱗は見せていた。

「眠らせておかないと痛い目に遭う。軽々とスタンドに運ぶパワー、逆方向に打つ技術もある。野球に対する姿勢もいい。全力疾走するし、出塁すれば常に次の塁を狙おうとうかがっている。打者のタイプは違えど、2010年に214安打したマートンの1年目もそうだった。1年目から大活躍しても何ら不思議ではない選手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る