OP戦の不振を払拭 阪神ロサリオの活躍は「巨人サマサマ」

公開日: 更新日:

「しばらく打てる感じはしない」

 開幕直前、ライバル球団は阪神のロサリオ(29)をこうみていた。

 新4番の期待を一心に背負うも、オープン戦は13試合で打率.143、1本塁打、4打点にとどまった。セ球団関係者が言う。

「ボールになる変化球で攻め続けられたことで我慢できなくなり、ボール球に手を出し始めた。その結果、上体が突っ込み、打てなくなった」

 もっとも、キャンプの紅白戦、練習試合ではバカ当たりするなど、能力の片鱗は見せていた。

「眠らせておかないと痛い目に遭う。軽々とスタンドに運ぶパワー、逆方向に打つ技術もある。野球に対する姿勢もいい。全力疾走するし、出塁すれば常に次の塁を狙おうとうかがっている。打者のタイプは違えど、2010年に214安打したマートンの1年目もそうだった。1年目から大活躍しても何ら不思議ではない選手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る