強力打線も先発は未知数 リーグ3連覇狙う広島に“死角”あり

公開日: 更新日:

 今年も打線頼みになりそうだ。

 リーグ3連覇を狙う広島中日に逆転勝利。2―3の1点ビハインドで迎えた六回、先頭のエルドレッドが同点本塁打を放つと、1死二、三塁から田中の2点二塁打で一気に試合をひっくり返した。

 強力打線を誇る一方で、投手陣には不安が残る。プロ7年目で初の開幕投手を任された野村はこの日、6回3失点と試合をつくったものの、オープン戦で3勝9敗2分けの11位と大きく負け越したのは、チーム防御率12球団ワーストの4.73という大乱調に原因があった。

 野村、ジョンソン、大瀬良の先発3人はある程度の計算が立つといっても、昨季15勝の薮田、同12勝の岡田が揃って不調。開幕2カード目のヤクルト戦に先発予定の高卒2年目の高橋昂も、未知数だ。

 先発が結果を残せず、早い回で降りれば、中継ぎに負担がかかる。中継ぎがヘバり始めると、いくら野手が点を取っても勝てない試合が出てくる。

「そういうチームは得てして、野手がどんどんシラけていき、チームが機能しなくなるもの」

 とは、ライバル球団の首脳陣の一人。3連覇を果たすには、何より先発の奮起が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る