• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強力打線も先発は未知数 リーグ3連覇狙う広島に“死角”あり

 今年も打線頼みになりそうだ。

 リーグ3連覇を狙う広島は中日に逆転勝利。2―3の1点ビハインドで迎えた六回、先頭のエルドレッドが同点本塁打を放つと、1死二、三塁から田中の2点二塁打で一気に試合をひっくり返した。

 強力打線を誇る一方で、投手陣には不安が残る。プロ7年目で初の開幕投手を任された野村はこの日、6回3失点と試合をつくったものの、オープン戦で3勝9敗2分けの11位と大きく負け越したのは、チーム防御率12球団ワーストの4.73という大乱調に原因があった。

 野村、ジョンソン、大瀬良の先発3人はある程度の計算が立つといっても、昨季15勝の薮田、同12勝の岡田が揃って不調。開幕2カード目のヤクルト戦に先発予定の高卒2年目の高橋昂も、未知数だ。

 先発が結果を残せず、早い回で降りれば、中継ぎに負担がかかる。中継ぎがヘバり始めると、いくら野手が点を取っても勝てない試合が出てくる。

「そういうチームは得てして、野手がどんどんシラけていき、チームが機能しなくなるもの」

 とは、ライバル球団の首脳陣の一人。3連覇を果たすには、何より先発の奮起が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事