万全じゃなくても白星 米球界の株上げた西武・菊池の115球

公開日:

 今月中旬に寝違えで首を痛め、調整に狂いが生じた影響は、少なからずあっただろう。

 30日の開幕戦(対日本ハム)に先発した西武の菊池雄星(26)。7回115球を投げて4安打2失点の投球内容に、「昨年から見た中でも最悪のデキ」とはパのあるスコアラー。最速158キロのストレートは150キロがやっと。球のキレや細かい制球はいまひとつどころか、悪かったらしいが、それでもレアードの2ランのみでしのいでの白星は収穫ではないか。

「粘り強く投げられたと思う。早い段階でたくさん点を取っていただいたので。野手のみなさんにはいつも助けてもらっているので、なんとか、いいピッチングをしたかった。(今年から取り組んでいる)ツーシーム? まだまだ精度は低いと思いますけど、少しずつモノにしていきたい」とは試合後の本人だ。

 菊池は15年オフ、「3年連続2ケタ勝利ならポスティングによるメジャー移籍を認める」という約束を球団と結んだといわれる。16年は12勝(7敗)、17年は16勝(6敗)を挙げ、今年はメジャー挑戦にリーチがかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る