• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

万全じゃなくても白星 米球界の株上げた西武・菊池の115球

 今月中旬に寝違えで首を痛め、調整に狂いが生じた影響は、少なからずあっただろう。

 30日の開幕戦(対日本ハム)に先発した西武の菊池雄星(26)。7回115球を投げて4安打2失点の投球内容に、「昨年から見た中でも最悪のデキ」とはパのあるスコアラー。最速158キロのストレートは150キロがやっと。球のキレや細かい制球はいまひとつどころか、悪かったらしいが、それでもレアードの2ランのみでしのいでの白星は収穫ではないか。

「粘り強く投げられたと思う。早い段階でたくさん点を取っていただいたので。野手のみなさんにはいつも助けてもらっているので、なんとか、いいピッチングをしたかった。(今年から取り組んでいる)ツーシーム? まだまだ精度は低いと思いますけど、少しずつモノにしていきたい」とは試合後の本人だ。

 菊池は15年オフ、「3年連続2ケタ勝利ならポスティングによるメジャー移籍を認める」という約束を球団と結んだといわれる。16年は12勝(7敗)、17年は16勝(6敗)を挙げ、今年はメジャー挑戦にリーチがかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る