万全じゃなくても白星 米球界の株上げた西武・菊池の115球

公開日: 更新日:

 今月中旬に寝違えで首を痛め、調整に狂いが生じた影響は、少なからずあっただろう。

 30日の開幕戦(対日本ハム)に先発した西武菊池雄星(26)。7回115球を投げて4安打2失点の投球内容に、「昨年から見た中でも最悪のデキ」とはパのあるスコアラー。最速158キロのストレートは150キロがやっと。球のキレや細かい制球はいまひとつどころか、悪かったらしいが、それでもレアードの2ランのみでしのいでの白星は収穫ではないか。

「粘り強く投げられたと思う。早い段階でたくさん点を取っていただいたので。野手のみなさんにはいつも助けてもらっているので、なんとか、いいピッチングをしたかった。(今年から取り組んでいる)ツーシーム? まだまだ精度は低いと思いますけど、少しずつモノにしていきたい」とは試合後の本人だ。

 菊池は15年オフ、「3年連続2ケタ勝利ならポスティングによるメジャー移籍を認める」という約束を球団と結んだといわれる。16年は12勝(7敗)、17年は16勝(6敗)を挙げ、今年はメジャー挑戦にリーチがかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る