万全じゃなくても白星 米球界の株上げた西武・菊池の115球

公開日: 更新日:

 今月中旬に寝違えで首を痛め、調整に狂いが生じた影響は、少なからずあっただろう。

 30日の開幕戦(対日本ハム)に先発した西武菊池雄星(26)。7回115球を投げて4安打2失点の投球内容に、「昨年から見た中でも最悪のデキ」とはパのあるスコアラー。最速158キロのストレートは150キロがやっと。球のキレや細かい制球はいまひとつどころか、悪かったらしいが、それでもレアードの2ランのみでしのいでの白星は収穫ではないか。

「粘り強く投げられたと思う。早い段階でたくさん点を取っていただいたので。野手のみなさんにはいつも助けてもらっているので、なんとか、いいピッチングをしたかった。(今年から取り組んでいる)ツーシーム? まだまだ精度は低いと思いますけど、少しずつモノにしていきたい」とは試合後の本人だ。

 菊池は15年オフ、「3年連続2ケタ勝利ならポスティングによるメジャー移籍を認める」という約束を球団と結んだといわれる。16年は12勝(7敗)、17年は16勝(6敗)を挙げ、今年はメジャー挑戦にリーチがかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る