自己ワースト12安打5失点KO負け 巨人菅野に“傾向バレ”疑惑

公開日: 更新日:

 巨人の絶対的エースが炎上した。

 30日の阪神との開幕戦に先発した菅野智之(28)は、二回1死から福留に左翼ポールを直撃する先制ソロを被弾。この回もう1点を失うと、三回2死一塁で大山に右翼越えの2ランを浴びて4失点。七回にも3連打で1点を失った。7回で自己ワーストの12安打を打たれ5失点。先発野手8人全員に安打を許した。

 これまで3戦3勝だった開幕戦で初めて黒星を喫し、「(この試合は)143分の1とは考えていない。期待に応えられず悔しい」とショックを隠せなかった。

 中日横浜などで投手として活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。 

「今日は体にキレがありませんでしたね。150キロ以上の直球もありましたが、菅野特有のホップするような球が影を潜めた。得意のスライダーも曲がりが小さく、投手寄りで早く曲がってしまっていたように見えた。これでは打者に見極められてしまう。理由は開幕特有の緊張感がコンディション面に影響したことが考えられます。菅野はこれまでの開幕戦は全勝で昨季17勝の沢村賞投手。開幕投手の重圧、勝って当たり前の重圧でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  4. 4

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    ピントずれのコロナ対策 消費減税でデフレスパイラル加速

  10. 10

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

もっと見る