自己ワースト12安打5失点KO負け 巨人菅野に“傾向バレ”疑惑

公開日: 更新日:

 巨人の絶対的エースが炎上した。

 30日の阪神との開幕戦に先発した菅野智之(28)は、二回1死から福留に左翼ポールを直撃する先制ソロを被弾。この回もう1点を失うと、三回2死一塁で大山に右翼越えの2ランを浴びて4失点。七回にも3連打で1点を失った。7回で自己ワーストの12安打を打たれ5失点。先発野手8人全員に安打を許した。

 これまで3戦3勝だった開幕戦で初めて黒星を喫し、「(この試合は)143分の1とは考えていない。期待に応えられず悔しい」とショックを隠せなかった。

 中日横浜などで投手として活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。 

「今日は体にキレがありませんでしたね。150キロ以上の直球もありましたが、菅野特有のホップするような球が影を潜めた。得意のスライダーも曲がりが小さく、投手寄りで早く曲がってしまっていたように見えた。これでは打者に見極められてしまう。理由は開幕特有の緊張感がコンディション面に影響したことが考えられます。菅野はこれまでの開幕戦は全勝で昨季17勝の沢村賞投手。開幕投手の重圧、勝って当たり前の重圧でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る