DeNAの大黒柱が獅子奮迅 筒香に任された「四刀流」の働き

公開日: 更新日:

 DeNAは昨季、リーグ3位からCSを制して19年ぶりに日本シリーズ進出。今季は強力打線に加え、投手陣の安定感から優勝候補にも挙げられているが、3月に入り、先発陣が次々に故障。今永、ウィーランド、浜口の3人を欠く非常事態で30日のヤクルトとの開幕戦を迎えた。

 そんな中、主将の筒香嘉智(26)は早くもチームの大黒柱としてフル回転している。この日の試合前には、ロッカールームで「チーム一丸となってリーグ優勝を目指そう。僕たちはまだ経験していないけど、1年だけ優勝しても意味がない。3年、5年と優勝して本当に強いチームになろう」と選手にゲキを飛ばした。

 “打撃コーチ”の役割も担う。7番・右翼で開幕スタメンに抜擢されたドラフト2位の神里和毅(24)には、こんな金言を送っていた。

「プロの投手のスピードにうまく対応できずに苦労していたら、オープン戦に入って筒香さんが『(ボールに対する)目切りが早い』と言ってくれた。そこから徐々に速い球に対応していけるようになった」(神里)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る