DeNAの大黒柱が獅子奮迅 筒香に任された「四刀流」の働き

公開日:  更新日:

 DeNAは昨季、リーグ3位からCSを制して19年ぶりに日本シリーズ進出。今季は強力打線に加え、投手陣の安定感から優勝候補にも挙げられているが、3月に入り、先発陣が次々に故障。今永、ウィーランド、浜口の3人を欠く非常事態で30日のヤクルトとの開幕戦を迎えた。

 そんな中、主将の筒香嘉智(26)は早くもチームの大黒柱としてフル回転している。この日の試合前には、ロッカールームで「チーム一丸となってリーグ優勝を目指そう。僕たちはまだ経験していないけど、1年だけ優勝しても意味がない。3年、5年と優勝して本当に強いチームになろう」と選手にゲキを飛ばした。

 “打撃コーチ”の役割も担う。7番・右翼で開幕スタメンに抜擢されたドラフト2位の神里和毅(24)には、こんな金言を送っていた。

「プロの投手のスピードにうまく対応できずに苦労していたら、オープン戦に入って筒香さんが『(ボールに対する)目切りが早い』と言ってくれた。そこから徐々に速い球に対応していけるようになった」(神里)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る