• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAの大黒柱が獅子奮迅 筒香に任された「四刀流」の働き

 DeNAは昨季、リーグ3位からCSを制して19年ぶりに日本シリーズ進出。今季は強力打線に加え、投手陣の安定感から優勝候補にも挙げられているが、3月に入り、先発陣が次々に故障。今永、ウィーランド、浜口の3人を欠く非常事態で30日のヤクルトとの開幕戦を迎えた。

 そんな中、主将の筒香嘉智(26)は早くもチームの大黒柱としてフル回転している。この日の試合前には、ロッカールームで「チーム一丸となってリーグ優勝を目指そう。僕たちはまだ経験していないけど、1年だけ優勝しても意味がない。3年、5年と優勝して本当に強いチームになろう」と選手にゲキを飛ばした。

 “打撃コーチ”の役割も担う。7番・右翼で開幕スタメンに抜擢されたドラフト2位の神里和毅(24)には、こんな金言を送っていた。

「プロの投手のスピードにうまく対応できずに苦労していたら、オープン戦に入って筒香さんが『(ボールに対する)目切りが早い』と言ってくれた。そこから徐々に速い球に対応していけるようになった」(神里)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事