負担増は必至 米球界も気を揉む楽天・則本の150球スタート

公開日: 更新日:

 開幕戦から球数は150球に達した。

 30日のロッテ戦に先発した楽天のエース則本昂大(27)にとって、これが6年目で自己最多の球数。7回9安打1失点の粘投にも白星はつかず、試合後はさすがに疲労困憊の体だった。

 米球界にも注目されている則本に対して、メジャーのスカウトが抱く懸念のひとつがこれだ。4年連続でリーグの奪三振王に輝く則本はいきおい、球数も増える。プロ2年目の2014年からは3年連続でパの最多投球回を記録し、年間の総球数もすべて3000球超えのトップだった。

「昨年は投球回数で西武の菊池、球数で同僚の岸にトップを譲った。イニング数はともかく、球数トップなんてもちろん本人は狙っているはずもないが、首脳陣は絶大な信頼を置いているし、本人も完投を望むタイプ。昨年は8完投でリーグ1位だった。今季は5年連続奪三振王がかかり、達成すれば21世紀初の快挙。チームは8月まで首位に立ちながら3位に転落した昨季のリベンジに燃えているし、1月に亡くなった星野副会長に優勝を捧げると団結している。則本の負担が増す条件がいろいろあるだけに、球数も増えるはずです」(マスコミ関係者)

 メジャーのスカウトは気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る