負担増は必至 米球界も気を揉む楽天・則本の150球スタート

公開日:

 開幕戦から球数は150球に達した。

 30日のロッテ戦に先発した楽天のエース則本昂大(27)にとって、これが6年目で自己最多の球数。7回9安打1失点の粘投にも白星はつかず、試合後はさすがに疲労困憊の体だった。

 米球界にも注目されている則本に対して、メジャーのスカウトが抱く懸念のひとつがこれだ。4年連続でリーグの奪三振王に輝く則本はいきおい、球数も増える。プロ2年目の2014年からは3年連続でパの最多投球回を記録し、年間の総球数もすべて3000球超えのトップだった。

「昨年は投球回数で西武の菊池、球数で同僚の岸にトップを譲った。イニング数はともかく、球数トップなんてもちろん本人は狙っているはずもないが、首脳陣は絶大な信頼を置いているし、本人も完投を望むタイプ。昨年は8完投でリーグ1位だった。今季は5年連続奪三振王がかかり、達成すれば21世紀初の快挙。チームは8月まで首位に立ちながら3位に転落した昨季のリベンジに燃えているし、1月に亡くなった星野副会長に優勝を捧げると団結している。則本の負担が増す条件がいろいろあるだけに、球数も増えるはずです」(マスコミ関係者)

 メジャーのスカウトは気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る