• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

負担増は必至 米球界も気を揉む楽天・則本の150球スタート

 開幕戦から球数は150球に達した。

 30日のロッテ戦に先発した楽天のエース則本昂大(27)にとって、これが6年目で自己最多の球数。7回9安打1失点の粘投にも白星はつかず、試合後はさすがに疲労困憊の体だった。

 米球界にも注目されている則本に対して、メジャーのスカウトが抱く懸念のひとつがこれだ。4年連続でリーグの奪三振王に輝く則本はいきおい、球数も増える。プロ2年目の2014年からは3年連続でパの最多投球回を記録し、年間の総球数もすべて3000球超えのトップだった。

「昨年は投球回数で西武の菊池、球数で同僚の岸にトップを譲った。イニング数はともかく、球数トップなんてもちろん本人は狙っているはずもないが、首脳陣は絶大な信頼を置いているし、本人も完投を望むタイプ。昨年は8完投でリーグ1位だった。今季は5年連続奪三振王がかかり、達成すれば21世紀初の快挙。チームは8月まで首位に立ちながら3位に転落した昨季のリベンジに燃えているし、1月に亡くなった星野副会長に優勝を捧げると団結している。則本の負担が増す条件がいろいろあるだけに、球数も増えるはずです」(マスコミ関係者)

 メジャーのスカウトは気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る