打撃好調の清宮 左翼守備をモノにせずともマシにできるか

公開日: 更新日:

「打つ方は何も言うことはない」

 清宮幸太郎(19)について、荒木二軍監督はこう言う。31日の西武二軍戦でリーグ単独トップの7号ソロ。28日に二軍落ちしてから3戦3発にも、清宮は「課題はある」と冷静だが、今のところ打撃は文句のつけようがない。

 一方、荒木監督は「守りとかは当然、手放しで一軍というレベルではない。一軍に行ったときにできるだけ足を引っ張らないようにしたい」とも話した。球団は清宮の将来やチーム編成の幅を広げるためにも、一塁だけでなく、外野にも取り組んでもらいたいと考えている。

 とはいえ、清宮は5月から外野の練習を始めたばかり。一軍でも二軍でも失策はゼロだが、まだまだプロのレベルには程遠いと言わざるを得ない。清宮は今、どんなことに取り組んでいるのか。紺田外野守備走塁コーチは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る