打撃好調の清宮 左翼守備をモノにせずともマシにできるか

公開日: 更新日:

「打つ方は何も言うことはない」

 清宮幸太郎(19)について、荒木二軍監督はこう言う。31日の西武二軍戦でリーグ単独トップの7号ソロ。28日に二軍落ちしてから3戦3発にも、清宮は「課題はある」と冷静だが、今のところ打撃は文句のつけようがない。

 一方、荒木監督は「守りとかは当然、手放しで一軍というレベルではない。一軍に行ったときにできるだけ足を引っ張らないようにしたい」とも話した。球団は清宮の将来やチーム編成の幅を広げるためにも、一塁だけでなく、外野にも取り組んでもらいたいと考えている。

 とはいえ、清宮は5月から外野の練習を始めたばかり。一軍でも二軍でも失策はゼロだが、まだまだプロのレベルには程遠いと言わざるを得ない。清宮は今、どんなことに取り組んでいるのか。紺田外野守備走塁コーチは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る