二軍落ち即HR2本 大当たり日ハム清宮とダブる“大森剛”の姿

公開日:

 二軍降格するや、いきなりの大当たりだ。

 清宮幸太郎(19)が29日の西武二軍戦に「5番・左翼」でスタメン出場。2打席目に西武先発の16年ドラ1右腕・今井から右越え本塁打。5打席目にも中越え2ランを放つなど、4安打5打点の大活躍だった。

 一軍では打率.179、1本塁打、2打点と散々だった清宮だが、二軍ではわずか16試合出場で両リーグトップに並ぶ6本塁打である。もっとも、プロは二軍でバカスカ打っても、一軍だとからっきしの選手は山ほどいる。清宮はあの松井秀喜と比較されることが多いが、一方で松井と同じ巨人のドラフト1位(89年)として鳴り物入りで入団した大森剛は、二軍で3度の本塁打王を獲得するなど、通算120本塁打を放ちながら、一軍ではわずか5本塁打と大成しなかった。

 清宮は、「安打も本塁打も出ましたが、まだファウルも多いし、一発で捉えきれればというところがあった。まだまだ改善の余地はある。早く一軍に行ければいいが、そのためにもここで頑張らないといけない。一日一日、失敗しても頑張っていきたい」と、浮かれる様子はなかった。「挫折」を糧に、ゴジラのように一軍で大活躍できる選手になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る