二軍落ち即HR2本 大当たり日ハム清宮とダブる“大森剛”の姿

公開日: 更新日:

 二軍降格するや、いきなりの大当たりだ。

 清宮幸太郎(19)が29日の西武二軍戦に「5番・左翼」でスタメン出場。2打席目に西武先発の16年ドラ1右腕・今井から右越え本塁打。5打席目にも中越え2ランを放つなど、4安打5打点の大活躍だった。

 一軍では打率.179、1本塁打、2打点と散々だった清宮だが、二軍ではわずか16試合出場で両リーグトップに並ぶ6本塁打である。もっとも、プロは二軍でバカスカ打っても、一軍だとからっきしの選手は山ほどいる。清宮はあの松井秀喜と比較されることが多いが、一方で松井と同じ巨人のドラフト1位(89年)として鳴り物入りで入団した大森剛は、二軍で3度の本塁打王を獲得するなど、通算120本塁打を放ちながら、一軍ではわずか5本塁打と大成しなかった。

 清宮は、「安打も本塁打も出ましたが、まだファウルも多いし、一発で捉えきれればというところがあった。まだまだ改善の余地はある。早く一軍に行ければいいが、そのためにもここで頑張らないといけない。一日一日、失敗しても頑張っていきたい」と、浮かれる様子はなかった。「挫折」を糧に、ゴジラのように一軍で大活躍できる選手になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る