「大迫半端ないって」商標登録済み “生みの親”に肖像権は

公開日:

「『大迫半端ないって』は4年前に商標登録済み」――。大阪府東大阪市の男性会社員(32)がそう名乗りを上げた。

 24日付のスポニチによると、男性は前回のブラジルW杯直前の2014年4月に「OSAKO HANPA NAITTE」の文字を特許庁に出願し、同10月24日付で登録されたという。

 すっかり流行語となった「大迫半端ないって」の生みの親は兵庫・滝川第二高サッカー部の元主将。09年1月の全国高校サッカー選手権準々決勝で、対戦相手の鹿児島城西高のFW大迫勇也のプレーに驚愕し、泣きながら称賛した言葉だ。男性はスポニチの取材にTシャツにプリントする言葉を探している中、ネットで「半端ないって」の動画を見つけ、「これは面白い」と思い立ち、商標出願したと明かした。

 ブラジル大会前に「OSAKO――」の文字と、絶叫する主将のイラストを描いたTシャツ約200枚を作製。19日のコロンビア戦後に売り切れたが、「大迫半端ないって」の言葉をプリントしたTシャツはこれ以外にも大量に出回っている。男性は「数千枚売れたものがあると聞くと、商標権を持っている人間としては複雑」とスポニチに答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る