W杯サッカー観戦で眠れない…医師が教える3つの睡眠対策

公開日:

 多くのサラリーマンが寝不足になるワールドカップが始まった。19日は日本がコロンビアを撃破する大番狂わせもあり、世間の関心は一気に高まったが、注目は世界最高レベルの選手たちの競演だ。この1カ月間は一晩中テレビの前を離れられないというサラリーマンは多いだろう。

 犠牲になるのは睡眠だ。トータルの時間は激減するし、眠りのリズムも狂うので、どうしても体への負担は大きくなる。翌日の仕事にも響くだろう。それを覚悟でサッカーを見るのだろうが、少しでも仕事に支障を来さないようにするには、どうすればいいのか。

 医学博士の米山公啓氏はポイントを3つ挙げる。まずは睡眠を90分の倍数にすることだ。

「睡眠は90分が1つのサイクルです。目覚ましの時間もサイクルに合わせて、眠りにつく1時間半後、3時間後、4時間半後という具合にセットするといい。もし寝るのが午前3時なら、4時間後の7時よりも3時間後の6時に起きた方がアタマはスッキリしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る