• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯サッカー観戦で眠れない…医師が教える3つの睡眠対策

 多くのサラリーマンが寝不足になるワールドカップが始まった。19日は日本がコロンビアを撃破する大番狂わせもあり、世間の関心は一気に高まったが、注目は世界最高レベルの選手たちの競演だ。この1カ月間は一晩中テレビの前を離れられないというサラリーマンは多いだろう。

 犠牲になるのは睡眠だ。トータルの時間は激減するし、眠りのリズムも狂うので、どうしても体への負担は大きくなる。翌日の仕事にも響くだろう。それを覚悟でサッカーを見るのだろうが、少しでも仕事に支障を来さないようにするには、どうすればいいのか。

 医学博士の米山公啓氏はポイントを3つ挙げる。まずは睡眠を90分の倍数にすることだ。

「睡眠は90分が1つのサイクルです。目覚ましの時間もサイクルに合わせて、眠りにつく1時間半後、3時間後、4時間半後という具合にセットするといい。もし寝るのが午前3時なら、4時間後の7時よりも3時間後の6時に起きた方がアタマはスッキリしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る