W杯サッカー観戦で眠れない…医師が教える3つの睡眠対策

公開日: 更新日:

 多くのサラリーマンが寝不足になるワールドカップが始まった。19日は日本がコロンビアを撃破する大番狂わせもあり、世間の関心は一気に高まったが、注目は世界最高レベルの選手たちの競演だ。この1カ月間は一晩中テレビの前を離れられないというサラリーマンは多いだろう。

 犠牲になるのは睡眠だ。トータルの時間は激減するし、眠りのリズムも狂うので、どうしても体への負担は大きくなる。翌日の仕事にも響くだろう。それを覚悟でサッカーを見るのだろうが、少しでも仕事に支障を来さないようにするには、どうすればいいのか。

 医学博士の米山公啓氏はポイントを3つ挙げる。まずは睡眠を90分の倍数にすることだ。

「睡眠は90分が1つのサイクルです。目覚ましの時間もサイクルに合わせて、眠りにつく1時間半後、3時間後、4時間半後という具合にセットするといい。もし寝るのが午前3時なら、4時間後の7時よりも3時間後の6時に起きた方がアタマはスッキリしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か