W杯サッカー観戦で眠れない…医師が教える3つの睡眠対策

公開日:

 多くのサラリーマンが寝不足になるワールドカップが始まった。19日は日本がコロンビアを撃破する大番狂わせもあり、世間の関心は一気に高まったが、注目は世界最高レベルの選手たちの競演だ。この1カ月間は一晩中テレビの前を離れられないというサラリーマンは多いだろう。

 犠牲になるのは睡眠だ。トータルの時間は激減するし、眠りのリズムも狂うので、どうしても体への負担は大きくなる。翌日の仕事にも響くだろう。それを覚悟でサッカーを見るのだろうが、少しでも仕事に支障を来さないようにするには、どうすればいいのか。

 医学博士の米山公啓氏はポイントを3つ挙げる。まずは睡眠を90分の倍数にすることだ。

「睡眠は90分が1つのサイクルです。目覚ましの時間もサイクルに合わせて、眠りにつく1時間半後、3時間後、4時間半後という具合にセットするといい。もし寝るのが午前3時なら、4時間後の7時よりも3時間後の6時に起きた方がアタマはスッキリしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る