“総選挙”で1位 パンダに負けないレッサーパンダの魅力って

公開日:

 上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が人気だが、「レッサーパンダ」も負けていない。

 釧路市動物園の「コキン」は、昨年、同園で20年ぶりに生まれたメスのレッサーパンダ。誕生日はシャンシャンより2週間余り遅い6月28日で、もうすぐ1歳だ。実は生後50日で母親を亡くしたため人工保育で育てられた。生後3カ月で一般公開されてから、人懐っこいしぐさで人気を呼んでいる。

 愛媛県立とべ動物園で実施された「アニマル総選挙2018」の「超かわいい部門」で1位に輝いたのは、オスのレッサーパンダ「砥々丸」(2歳)だった。人気者のホッキョクグマ・ピースを抑えての快挙である。

 いしかわ動物園(石川県能美市)の「アクア」(7歳)は、つり気味の目と丸顔がカワイイと評判。同園唯一のオスのレッサーパンダで、3頭のメスの父親でもあるが、ほとんど育児はしないとか。見た目とは裏腹に、昔の“ニッポン男児かたぎ”なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る