「大迫半端ないって」商標登録済み “生みの親”に肖像権は

公開日: 更新日:

 類似のTシャツはもちろん、男性が出願した際、商標を使う商品区分を衣類以外にも指定していれば、この先「大迫半端ないって」の文字入り商品の製造・販売は問題になる可能性がある。

 そこで特許庁のデータベース「特許情報プラットフォーム」で男性の出願状況を調べてみると、商品区分には「ガーター」「ベルト」「仮装用衣服」「運動用特殊靴」など10品目を指定。男性は13~17年の間に「OSAKO--」を含め、21種類の商標を出願していた。知的所有権問題に詳しい北村行夫弁護士はこう言う。

「男性は『OSAKO――』の文字だけを登録していますが、これは商標権侵害を訴える枠を広げる措置。主将のイラストなしの類似商品でも商標権を主張できますからね。『大迫半端ないって』の横断幕は商品として売らなければ自由に使えます。むしろ気になるのは、絶叫する主将の肖像権です。主将が肖像権を主張すれば、商品の売り上げから何割分かを請求することも可能性です」

「半端ないって」の生みの親である元主将は現在、大手都市銀行の営業マンを務めているという。果たして沈黙を破り、肖像権を主張するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  8. 8

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  9. 9

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る