ドルトがミランが熱視線 MF柴崎はW杯で躍動も“超お買い得”

公開日:

 日本代表のMF柴崎岳(26=ヘタフェ)を称賛する声が続いている。

 ロシアW杯全4試合にスタメン出場し、攻守にわたって好パフォーマンスを披露。ベルギーとの決勝トーナメント1回戦でもMF原口元気の先制点をアシストするなど、攻撃のかじ取り役となるボランチとして印象に残る絶妙パスを何度も配給したことで、海外メディアもにわかにその去就に注目し始めているのだ。

 日本時間昨4日には、イタリアの「カルチョメルカート・コム」が、MF香川真司(29)も所属するドイツの名門クラブ・ドルトムント、イタリアのセリエA・ACミランが獲得に興味を持っている、と報じた。スペイン紙の「マルカ」も、スペインの複数のクラブがシバサキに関心を寄せている、と書いている。

「柴崎は昨年夏にスペイン2部のテネリフェから1部のヘタフェに移籍。2021年まで契約が残っていますが、柴崎は欧州CLへの出場を狙えるクラブでのプレーを望んでいる。2部から再昇格して1年目の昨季を8位で終えたヘタフェにいては厳しい。本人も『今いるクラブでは難しい』と認めている。幸いクラブは放出もやむなしという姿勢だし、柴崎の年俸は約1億円で移籍金も高く見積もっても10億円前後といわれているからお買い得。ビッグクラブとの契約がとんとん拍子でまとまる可能性は高いとみています」(サッカージャーナリスト)

 鹿島からスペインに渡って今夏で3年目を迎える柴崎。故障や出場機会に恵まれないなど不遇をかこってきたが、いよいよ「世界のシバサキ」になるチャンスがめぐってきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る