長谷部誠も代表引退 将来は日本の指揮官でなくドイツGMか

公開日:

 本田圭佑(32=パチューカ)に続き、日本代表主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)も代表を去ることになった。

 ベルギー戦から一夜明けた3日、自身のインスタグラムで代表からの引退を表明。その後、報道陣の前に姿を見せ、大会前から決意していたことを明かした上で、「覚悟を持って決断したことなので、今は本当にやり切ったという感覚」とすっきりした表情だった。

 歴代5人の代表監督に主将を任されて8年。誰もが「生粋のチームリーダー」と口を揃えるキャプテンシーで日本代表を牽引してきた。長谷部の決断にDF吉田麻也(29=サウサンプトン)は、「日本では真面目な人間で通っていますけど、頑固で口うるさくて一緒に仕事をすると面倒くさいなと思うこともありましたけど……」と言いつつ言葉に詰まり、目からは大粒の涙。「あれだけチームのことを考えてプレーできる選手はいない。彼から学ぶことはいっぱいあった」と言って目を真っ赤にした。それだけ信頼されていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る