• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野監督の続投「白紙」の裏…協会にまた“外国人招へい案”

 ロシアW杯を「16強入り」で終止符を打った西野ジャパンの面々は、5日午前に成田空港に降り立ち、凱旋帰国会見を行う。この先、当分はスポーツマスコミが先導する格好で「感動をありがとう」の奉祝ムード一色になるだろうが、現実的な話として「西野監督(63)の契約は7月まで。次期代表監督は誰になるか?」に焦点が移っていく。

 日本代表は、9月7日~11月20日の間に「キリンチャレンジカップ2018」を開催する。会場は札幌、大阪、新潟、埼玉、大分、愛知。ロシアW杯出場組のパナマ、コスタリカなどを招いて全国行脚というわけである。

「当初は、このキリンチャレンジカップまでは西野監督が続投して采配を振るというムードがあった」とサッカー事情に詳しいマスコミ関係者がこう続ける。

「W杯前は3戦ボロ負けと言われながら、1次リーグ突破で西野監督人気が沸騰。中でも30~40代の女性が『西野監督ってカッコいい!』とSNSなどで発信。知名度がハンパなく高まった。JFA(日本サッカー協会)は人気面にも目をつけ、西野監督の続投を前面に押し出して観客動員、メディア露出、スポンサーを増やそうとソロバンをはじいていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る