• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野監督の続投「白紙」の裏…協会にまた“外国人招へい案”

 ロシアW杯を「16強入り」で終止符を打った西野ジャパンの面々は、5日午前に成田空港に降り立ち、凱旋帰国会見を行う。この先、当分はスポーツマスコミが先導する格好で「感動をありがとう」の奉祝ムード一色になるだろうが、現実的な話として「西野監督(63)の契約は7月まで。次期代表監督は誰になるか?」に焦点が移っていく。

 日本代表は、9月7日~11月20日の間に「キリンチャレンジカップ2018」を開催する。会場は札幌、大阪、新潟、埼玉、大分、愛知。ロシアW杯出場組のパナマ、コスタリカなどを招いて全国行脚というわけである。

「当初は、このキリンチャレンジカップまでは西野監督が続投して采配を振るというムードがあった」とサッカー事情に詳しいマスコミ関係者がこう続ける。

「W杯前は3戦ボロ負けと言われながら、1次リーグ突破で西野監督人気が沸騰。中でも30~40代の女性が『西野監督ってカッコいい!』とSNSなどで発信。知名度がハンパなく高まった。JFA(日本サッカー協会)は人気面にも目をつけ、西野監督の続投を前面に押し出して観客動員、メディア露出、スポンサーを増やそうとソロバンをはじいていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る