西野監督の続投「白紙」の裏…協会にまた“外国人招へい案”

公開日:

 ロシアW杯を「16強入り」で終止符を打った西野ジャパンの面々は、5日午前に成田空港に降り立ち、凱旋帰国会見を行う。この先、当分はスポーツマスコミが先導する格好で「感動をありがとう」の奉祝ムード一色になるだろうが、現実的な話として「西野監督(63)の契約は7月まで。次期代表監督は誰になるか?」に焦点が移っていく。

 日本代表は、9月7日~11月20日の間に「キリンチャレンジカップ2018」を開催する。会場は札幌、大阪、新潟、埼玉、大分、愛知。ロシアW杯出場組のパナマ、コスタリカなどを招いて全国行脚というわけである。

「当初は、このキリンチャレンジカップまでは西野監督が続投して采配を振るというムードがあった」とサッカー事情に詳しいマスコミ関係者がこう続ける。

「W杯前は3戦ボロ負けと言われながら、1次リーグ突破で西野監督人気が沸騰。中でも30~40代の女性が『西野監督ってカッコいい!』とSNSなどで発信。知名度がハンパなく高まった。JFA(日本サッカー協会)は人気面にも目をつけ、西野監督の続投を前面に押し出して観客動員、メディア露出、スポンサーを増やそうとソロバンをはじいていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る