西野監督の続投「白紙」の裏…協会にまた“外国人招へい案”

公開日:

 ロシアW杯を「16強入り」で終止符を打った西野ジャパンの面々は、5日午前に成田空港に降り立ち、凱旋帰国会見を行う。この先、当分はスポーツマスコミが先導する格好で「感動をありがとう」の奉祝ムード一色になるだろうが、現実的な話として「西野監督(63)の契約は7月まで。次期代表監督は誰になるか?」に焦点が移っていく。

 日本代表は、9月7日~11月20日の間に「キリンチャレンジカップ2018」を開催する。会場は札幌、大阪、新潟、埼玉、大分、愛知。ロシアW杯出場組のパナマ、コスタリカなどを招いて全国行脚というわけである。

「当初は、このキリンチャレンジカップまでは西野監督が続投して采配を振るというムードがあった」とサッカー事情に詳しいマスコミ関係者がこう続ける。

「W杯前は3戦ボロ負けと言われながら、1次リーグ突破で西野監督人気が沸騰。中でも30~40代の女性が『西野監督ってカッコいい!』とSNSなどで発信。知名度がハンパなく高まった。JFA(日本サッカー協会)は人気面にも目をつけ、西野監督の続投を前面に押し出して観客動員、メディア露出、スポンサーを増やそうとソロバンをはじいていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る