日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

公開日: 更新日:

「その報道に多くの選手が顔をしかめたと聞きました」と言うのは、ある大学のアメリカンフットボール関係者だ。

 アメフト部の悪質タックル問題で世間を騒がせた日本大学の新監督に、公募した69人の中から元立命館大コーチの橋詰功氏(54)の就任が内定したことが17日、分かった。

 橋詰氏は京都市立紫野高から立命大へ進み、現役時代はワイドレシーバー。理工学部を卒業後にシャープ入社。社会人時代に母校のコーチとなり、00年に米オクラホマ大に留学。帰国後は、全米一に輝いたオクラホマ大で学んだことをベースに、攻撃隊形の「ショットガンオフェンス」を立命大に導入した。これが「リッツガン」と呼ばれ、オフェンスコーチとして03、04年のライスボウル連覇に貢献。その後、京都・立命館宇治高、滋賀・立命館守山高での指導実績もある。

 そんな橋詰氏の監督内定に、なぜ日大アメフト部員は嫌悪感を示したのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る