日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

公開日:  更新日:

「その報道に多くの選手が顔をしかめたと聞きました」と言うのは、ある大学のアメリカンフットボール関係者だ。

 アメフト部の悪質タックル問題で世間を騒がせた日本大学の新監督に、公募した69人の中から元立命館大コーチの橋詰功氏(54)の就任が内定したことが17日、分かった。

 橋詰氏は京都市立紫野高から立命大へ進み、現役時代はワイドレシーバー。理工学部を卒業後にシャープ入社。社会人時代に母校のコーチとなり、00年に米オクラホマ大に留学。帰国後は、全米一に輝いたオクラホマ大で学んだことをベースに、攻撃隊形の「ショットガンオフェンス」を立命大に導入した。これが「リッツガン」と呼ばれ、オフェンスコーチとして03、04年のライスボウル連覇に貢献。その後、京都・立命館宇治高、滋賀・立命館守山高での指導実績もある。

 そんな橋詰氏の監督内定に、なぜ日大アメフト部員は嫌悪感を示したのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る